酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS いつ出てきたのだろう。コシアブラ?

<<   作成日時 : 2010/05/14 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

コシアブラとの出会いは数年前だ。
東京の小料理屋のお通しとしてでてきた。
最初、ウドの葉かと思ったが、よーく見ると形が違う、味はまったく違う。
それまで実家の食卓にものったことがなかったし、
宮古で食べられていたのかどうかも、知らずじまいだった。
しかしここ数年だろうか、山菜コーナーではかなりえらそうだ。
大関ぐらいのでかい顔をしているようにも見える。
画像

「コシアブラ」は「漉し油」と書く。日本全国どこにでもある雑木だ。
かつて、その木から採れる油を漉し、さび止め油を作ったことに由来する。
またかつて納豆などを包んでいた経木(きょうぎ)の素材で、
ならないパッケージ素材だったらしい。
山菜として食べられるのは春先の若い芽。
タラの芽(ダラボウ)に似て、特有の香りとほろ苦さがある。
そのまま天ぷらで。さっと茹で、おひたし、ゴマ和えに。味噌汁の具にもおいしい。
干した若葉を煎じて飲むと高血圧にも効果があるそうだ。
春は緑、秋は紅葉する木らしいので、庭にぜひ1本ほしいなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつ出てきたのだろう。コシアブラ? 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる