酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS サーモンって何だ?

<<   作成日時 : 2010/09/22 14:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

宮古はサーモンランドと呼ばれている(呼ばれていた)。
でも「宮古は、サーモンではなく鮭ですよね」と突っ込めるような気もする。
単に鮭を英語にすればサーモンだからでは済まないような気がするからだ。
じゃ、鮭とサーモンの違いって何だ?といわれても「なんとなく的な知識」しかない。
北海道や三陸で揚がるのが鮭。チリやノルウェーもんっだったり、
スモークになっていたり、回転寿司でくるくるしているのがサーモンなのではないか?
で、ちょいと調べてみた。

画像
あるブログにはこうあった。
英語(イギリス語)で、サーモンといえば、アトランティックサーモンだけを指す。ヨーロッパには、これ一種しかいないからだ。
米語(アメリカ語)でサーモンといえば、太平洋種の総称で、それを輸入した場合、○○サーモン(例えば、キングサーモン)と呼ばれる。
日本語で言うマスも海洋性のもの、例えば、カラフトマス、サクラマス、ママスはサーモン。
ちなみに、トラウトは、ニジマスやヤマメなど、淡水性のマスに使われる。
ってことはヤマメが海にくだって大きくなったママスはサーモンということだ。なるほどそうだったのか。
画像

宮古の魚菜市場で見られるサケマスでいえば
鮭は、サケ(白鮭)、「銀鮭」、「紅鮭」など、
サーモンは、カラフトマス(セッパリ)、ママス(サクラマス)、キングサーモン(マスノスケ)ということだろう。

となるとサーモントラウトと、なんだか海川折衷の不思議な名前の魚もあるが、
そもそも養殖が始まったころ、業者が養殖ニジマスのイメージアップのためにコピーライターがでっち上げた名前だという。

要は、サーモン=マス科、鮭=サケ科。ということは宮古=サーモンランドはふさわしくないということになる。
特に最近、「サーモン」=脂ギトギト、回転寿司、チリの添加物いっぱい養殖など
チープで怖いイメージを感じるという人も少なくない。
サーモンマラソンもサーモン音頭も、新たに考えないといけない。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほどーーーーー!
やはり、鮭とサーモンは違うのですね!
だって、食べたらわかりますもの
鮭とサーモン絶対違うと思ってました
宮古の鮭が一番です!
ところでサーモンランド、変えたほうがいいですよね
OCCOさんの一声で簡単に変えられるものなんですか???
minmei
2010/09/22 17:06
ご無沙汰してます。
先日TVで信じ難いものを見たのですけれど。
http://www.oricon.co.jp/news/ranking/41728/
若い人達の味覚を疑うよりも、
宮古の鮭にも新しい商機が得られるかも
と考えてはいかがでしょうか。
じんすけ
2010/09/23 09:45
minmeiさん
サーモンランド、いまのイメージで言ったら養殖鮭のまちになってしまう。まずいよね。

じんすけさん
ごぶさたです。最近の若い人たちの味覚は回転寿司嗜好になっていますね。サーモンしかり、ねぎトロ風の偽タネにはまいってしまいます。
OCCO
2010/09/26 02:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
サーモンって何だ? 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる