酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS うまい牡蠣フライを、ぱくる。

<<   作成日時 : 2010/12/28 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

料理のレシピには著作権がない。
だからなんだ、料理研究家とか、愛好家とか、
家付きの方々がテレビやネットでいかにも私が作ったもんね、と
我が物顔で発表している。いや家が付かなくたって
ブログとかで誰でもできる時代なのだ。あ、おれのことだ。

で、季節的に牡蠣フライである。
簡単じゃんとか、いわれそうだが
そんなあなた、本当にうまい牡蠣フライが作れますか?
このレシピ、だれでもおいしくジューシーに
しかも失敗なくできるのである・・・・!

とか偉そうに書いているが
このレシピ、実はぱくりでなのである。
数年前のTBSはなまるマーケットで紹介され
やってみたら本当においしい。
やっくんでも失敗なく作れていたので簡単。
だから偉そうにまた紹介してしまうのだ。

カキは大きい方がいいけれど
小さければ2〜3個をまとめればOK。
1.とりあえず海水ぐらいの塩水で、カキを洗う。
  大根おろしで洗うと本にはあるが、大根いま、高いですから。
画像

2.そしてここからが最大のコツ。
  沸騰したお湯で、カキを7〜8秒湯通しする。湯引きとか霜降りとかいうらしい。
  あげたらクッキングペーパーでしっかりと水気を取る。
  たぶん周りを固め中のジュースを閉じ込めるんだと思う。
  ステーキなどでも似たようなことをやる。
3.カキに小麦粉をつけ余分な粉をはたき、溶き卵をつける。
  たっぷりのパン粉をやさしくつけよう。
  おすすめは生パン粉。ふんわりももう1つのコツなんだ。
画像

4.深い鍋に4センチほど油を入れ、180度まで加熱。
  パン粉を入れてぱっと花が咲いたらその温度だ。
  フライパンよりソースパンのような鍋がを使うと、
  油の中でカキが泳ぎ短時間でカラッと揚がる。
  うちはフライパンでやったけれど。
画像

5.揚げ時間は1分ちょい。音がパチパチとなったら10秒ほど数え、
  油から上げる。揚げた時に箸から振動が伝わればOKだ。
6.あとは余熱で火が入る。揚げすぎは固くなってNGだ。
画像

サクッ、じゅわっと牡蠣のうまみが・・・・たまりません。
宮古はこれから春まで最高の牡蠣が楽しめます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
宮古のデブ牡蠣、うまいのなんの。
消えたと思ったらまた雪降り。 アダモの歌も、もううんざりだ。 ...続きを見る
宮古のごっつお 
2013/02/15 14:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
うまい牡蠣フライを、ぱくる。 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる