酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS 雷、親父、クルミの支度。

<<   作成日時 : 2010/12/31 11:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宮古の雑煮には、クルミ。
クルミもーづがなければ年が始まらない(・・・と思う)。
何はなくとも、クルミもーづなのだ。
画像

とあるスーパーをのぞくと、さすが宮古
クルミ商品のバリエーションがあることあること。
1.山ぐるみ(実のまま 自分で剥く)
2.剥きグルミ(地物)、中国産むきぐるみ、素性のわからない洋グルミ
3.すりぐるみ味付き(2,3種類 素材は中国 または洋グルミ)
画像
写真はなあどで・・・
3の洋グルミはいわずもがな、中国産むきぐるみは心情的および安全面からNG。
宮古の正しいくるみもーづを堪能したいなら国産地物の剥きグルミか、自分で剥く。

大晦日。クルミの支度日だ。なのに爆弾低気圧通過中。
夕べから雪、雷、雨、雹、霙・・・それも半端じゃない雨天系5点フルセット。
空が光る。爆発音。家が揺れる。PCが止まる。思わず声も出る。すごすぎる。
年の締めくくり、すさまじい天変地異。いったいどうなっているんだろう。

クルミを割って、すぐさま剥く。昔は親父が割り、子供が剥き担当だった。
今年は、私が割って母がむく。山の友人からいただいた鬼グルミ。
当たり鉢(最近、すり鉢とはいわないらしい)でごりごり摺っているあいだに、砂糖蜜をつくる
濃い目の昆布だ、煮干だ、雉だ、熊だ、地域によってこだわりの出汁で割るようだ。
画像

うちは砂糖蜜で伸ばして完成。雑煮のつゆで伸ばしていただく。
剥いて、摺って、伸ばして、その苦労があってこそ元旦に本物のクルミ味が楽しめる。

こんなクルミモーズのよた話をかいていたら、最大級のピカど〜んが来た。
ど〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。窓びりびり。
ほんとうに、こんな雷、人生中、はじめてだ。
あら、いつもまにか外は激しい雪降りになった。
すぐ目の前の八幡さまでは、14時から輪くぐりのお払い。夜は元朝参り。
準備は万端のようだったが、こんな天気の中
はたしてどのぐらいの人が来るのだろう。






国内産・むきくるみ(胡桃)(野生オニグルミ・生) ・300g 10P21dec10 【gourmet0101】
Natshell
名称 くるみ 内容量 300g 保存方法 直射日光、高温多湿を避けて、冷暗所で保存してください。 ※

楽天市場 by 国内産・むきくるみ(胡桃)(野生オニグルミ・生) ・300g 10P21dec10 【gourmet0101】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

青森産 山くるみ(鬼くるみ) (乾燥乾物)
青森屋

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 青森産 山くるみ(鬼くるみ) (乾燥乾物) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雷、親父、クルミの支度。 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる