酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS キングギドラも食った。ジャバザハットも食った。うまかった。

<<   作成日時 : 2011/01/17 22:30   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

おととい採りあげたハッカクは怪獣キングギドラに似ていた。そっくりだ。
で、今日はジャバザハットを食う。これでピンと来た人は、スターウォーズ通であろう。
悪役ながらなんとも憎めない人気キャラなのだ。
彼を見てカジカ(みやこでは「かつか」)を連想してしまうのは私だけでないはずだ。
知らない人はぜひ見比べてほしい。マツコデラックスというのもありか。
画像

さてカジカ(カツカ)といっても川のカジカ(カツカ)とは別物。東北以北の海底に棲む。
主な種類はギスカジカ(イソカジカ)、トゲカジカ(イソカジカ)、ケムシカジカ。
北海道ではけっこうメジャーな食材だそうだが、宮古では窓際魚である。
画像

北海道の冬の郷土料理に【鍋壊し】というのあるが、
トゲカジカを使った鍋のことで、その由来は、あまりにもおいしく箸がすすみ、
鍋底までつついて壊してしまうぐらい、うまいのだそうだ。
そうか。そこまでうまいのならやってみよう。
宮古は三陸のトロール漁のメッカ、冬場はけっこう揚がっているのだ。
しかもとんでもないぐらいに安い。だれが食べているのだろう?
手に入れたのはたぶんトゲカジカ?
画像

宮古では一言「カツカ」、1尾200円。これで鍋壊しができる。
頭が大きくても身はそう多くないのでなるべく大きいものを選ぶ。
身、頭、内臓まで食べられ、捨てるところがほとんどない。
味噌仕立ての鍋壊し、刺身でいこう。

さあて鍋壊しだ。
材料 カジカ2尾 野菜(大根、ニンジン、ごぼう、長ネギ、じゃがいも)
・身はぶつ切りにして全体に塩を振り熱湯をかけ湯引き
・頭の骨と皮で出汁をとり肝を味噌でといたスープを用意
・鍋にスープをはり、野菜をどさっと入れて、火に掛ける
 胃袋や卵なども一緒に入れる
画像

野菜がほどよく煮え、やわらかくなったら、ぶつ切り投入。
・仕上げにねぎを入れ、ふぅふぅしながら食う。
コツ1.カジカをどっさり入れること
コツ2.野菜のじゃがいもは必と北海道の人が力説してました
※肝・味噌仕立て、これって、あんこう、どんこも、似てます

ついでに刺身も食べた。きれいな白身。
食感もいいし、脂ものっていてけっこうおいしい。
鍋もよいが刺身も合格!真鯛や平目にも負けてません。
画像


魚は見た目で判断してはいけませんね。
「かつか・・・」
鍋が壊れるまではいかなかったが、もっとメジャーになっていい魚だと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キングギドラも食った。ジャバザハットも食った。うまかった。 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる