酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮古の食材 男の料理 きゅうりのおごーご

<<   作成日時 : 2011/07/21 13:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

いま宮古はきゅうりが旬。近所の産直に行くと露地もの野菜が驚くほど安く売っている。
太・細・短・小、見場は悪いが鮮度・おいしさはまったく問題なし。
スーパーで売っているまっすぐ でスマートな規格サイズの方が何をやっているんだか
わからないではないか。
100円でこのぐらい。1本15円ぐらいか。
画像

青いまま一夜漬けや糠漬 けもたまらないが、
何年か前、昔風・ぜーご風の茶色にそまったカリポリ きゅうりのおごーご(漬物)の漬け方を
山の友人か ら習い、今の季節になると必ずつくっている。
よ く魚菜で束ねて売っているしなびた感じのおごーご、わか りますよね。
ピチピチ若いのもいいですが、この古びた甘酸っぱいような滋味もなかなかそそられる。
(あああ・・・・・なんか表現がじじい臭いなあ)。

このおごーご、めんどうくさそうで以外や、簡単なのだ。
材料 きゅうり10本 塩 刻み赤唐辛子 以上

1.海水程度にしょっぱい塩湯をつくる。(直径30cm ほどの鍋なら塩をお玉で1つぐらい)
2.沸騰したら火を止めてキュウリを湯からはみ出な い本数(10本位)を一度に入れます。熱さに耐えか ねキュウリの色が変わったら、すぐあげてそのままさます
画像

3.容器にいれたキュウリに人肌程度に冷めた塩湯を そそいで鷹のツメ(南蛮)を入れ重しをする
画像

4.2、3日常温でおく。冷蔵庫はNG。液がにごってき たら食べ頃です。この白いのが浮かぶというのがミ ソです。
画像

レシピから考察すると軽く塩茹でしたきゅうりが暑さで乳酸発酵した漬物なのでしょう。
画像

。ぱりぽりと食 感もよくすこぶるおいしい。やたらビールが進みます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮古の食材 男の料理 きゅうりのおごーご 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる