酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS 激辛!ハバネロ味噌。汗だくの宮古のごっつお

<<   作成日時 : 2011/09/30 23:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今の季節、宮古周辺の道の駅や産直館には
山の味の定番として唐辛子味噌が並びます。
甘い味噌の味わいにピリッとした青唐辛子の辛味。
素朴なおいしさでなんとも食欲をそそります。
昨年は庭で唐辛子が大量に収穫できましたが今年は赤いの20本ほど。
今年も唐辛子味噌を食べたいなあとおもって
何気になあど産直をのぞいたら、
画像
なんと、あの、世界一の激辛といわれる、ハバネロがあるではないか。
それが新参のくせに青唐辛子の横に居座り
「世界一の辛さに逃げんなよ」的な顔でこっちを見ている。
まじ、私は火がつきました。
「なにが世界一だ、たった100円じゃないか。食ってやろうじゃないですか」
と大人気なく(いつもだけど)買ってきたしだいなのです。

で、ある秋の長い夜、いよいよ挑戦と相成りました。
ハバネロ、見た目は小ぶりのPマン。14個で100円。
それを5個、包丁で細かく刻みました。
画像
面倒になってきたのでフードプロセッサでグイ〜ン、
色を考え庭で取れた赤唐辛子もグイ〜ン。
フライパンにサラダオイルを適量しいてハバネロ&赤唐辛子を炒めます
火が通ったらあとは自己流です。
お酒をたっぷり入れて、ザラメもたっぷり入れてどろり甘酒ハバネロに。
画像

そこに味噌を入れていきます。
コツはぜったいに焦がさないこと。どろどろてかてか。
コクといいテリが出てきたら完成です。

冷えるのを待って器に移しましょう。
画像

これを熱々ご飯にちょぼっとのせて食べると。甘い・しょっぱい。
そしてその刹那なんとも激痛のような辛さがずこ〜んと押し寄せます。
飯一膳も食べようもんなら汗だくでしょう。
画像
これはおいしいけれど危険です。
刺激が強すぎ、売り出したとしても
たぶん成人指定の食べものになるかも。
あ、まちがってもハバネロを切った手そのままで
用をたしたり(男)、目に触らないように。
半端じゃないカプサイシンが
とんでもない苦痛をもたらします。
でも、この辛さ、くせになります。

もう1つ。宮古のくせになる味「ぶっかけまんま」。
とびきり旨い魚の煮つけのつゆにたっぷり具がはいったつゆだく惣菜です。
画像

材料は宮古にあがった旬の魚と日本中から選びに選んだ調味料だけ。
保存を促すわけのわからないカタカナ用語や化学記号的な
怪しいものはいっさいはいっていません。無添加無着色、まさしく自然食です。

懐かしいのになんだか新しい宮古の味。
「ぶっかけまんま」は魚菜市場の復興交流物産店「絆」、
坂兼商店、市内山口の山内魚店、
浄土ヶ浜マリンハウスで買えます。

※ウェブ産直ショップ「宮古のごっつお」は被災で休店中。年内の再開を目指し工事中です。
■ここからもご注文できます  電話ください
ぶっかけまんま カレイ     500円(税込)
ぶっかけまんま カレイ 辛っ  500円(税込)
ぶっかけまんま アナゴ   600円(税込)
化粧入り3点セット       1680円(税込)
送料  クロネコクール冷凍扱い 980円

■ご注文・お問合せは
宮古のごっつお OCCO 0193-62-3399  090-7846-6952  occonac3371@gmail.comまで

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
激辛!ハバネロ味噌。汗だくの宮古のごっつお 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる