酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS マカジキもうまい。ぶっかけまんまもうまい。

<<   作成日時 : 2011/09/17 01:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今時期、宮古の市場にはカジキが揚がる。
図体は大きいのにさんまに隠れて目立たない。
しかし口にすればこれぞ夏の刺身としっかり主張し、実にうまいのだ。
それにしても獲れているわりにあまり見かけないなあ。
画像

とおもいつつ、魚菜市場を歩いていたら
とある魚屋さんに件のマカジキの大きな刺身ブロックが
ごろごろ並んでいるではないか。
しかも、、、、えっ!と驚くような値段?
画像
「脂があってほんとにうんまいがぇ」と誘うお姉さん。
そんな言葉に誘われるまま夜の酒宴をイメージしつつ、
脂加減と身がよさげなところを買ってしまったのだ。
画像

晩餉は、うまいマカの刺身と取って置きの千両男山。
でかブロックから腹側と背側をおおぶりの刺身にした。
つまは秋茗荷と大葉。
口直しはやっぱり旬の秋茗荷の酢漬けにしよう。
画像

今日のマカはなんともきれいなピンク色でいい脂がのっていた。
マグロでは味わえないほどよい酸味、旨味と脂の甘さがある。
いや〜うまいなあ、、、男山がぱかぱか進む。
大人3人分は切った。(もう、ないって、、、)
こんなに切ってもあと2回はたっぷり食べられる。
この量、このうまさで、なんと1000円。
う〜ん、東京じゃ、ありえねぇなあ。
とやっぱきれいなピンクに染まった茗荷の酢漬けを食べながら思った。
おっ、これも、しみじみうまいなあ。

刺身&男山で心地いい。〆の飯を食おうと思ったがおかずはもうない。

そうだ。宮古には「ぶっかけまんま」がある。なんだか前フリも臭くなってきたなあ(笑)。
画像

「ぶっかけまんま」は、魚の煮つけの旨味たっぷりのつゆに
具として旨い魚がたっぷりはいっている。
画像

宮古にあがった旬の魚と日本中から選びに選んだ調味料だけ。
保存を促すわけのわからないカタカナ用語や化学記号的な
怪しいものはいっさいはいっていません。無添加無着色のまさしく自然食です。
懐かしいのになんだか新しい宮古の味。
「ぶっかけまんま」は魚菜市場の復興交流物産店「絆」、
坂兼商店、市内山口の山内魚店、
浄土ヶ浜マリンハウスで買えます。

※ウェブ産直ショップ「宮古のごっつお」は被災で休店中。年内の再開を目指し工事中です。
■ここからもご注文できます  電話ください
ぶっかけまんま カレイ     500円(税込)
ぶっかけまんま カレイ 辛っ  500円(税込)
ぶっかけまんま アナゴ 辛っ  600円(税込)
化粧入り3点セット       1680円(税込)
送料  クロネコクール冷凍扱い 980円



■ご注文・お問合せは
宮古のごっつお OCCO 0193-62-3399  090-7846-6952  occonac3371@gmail.comまで


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マカジキもうまい。ぶっかけまんまもうまい。 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる