酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝説の高七ナポリタン復活? 宮古のごっつお

<<   作成日時 : 2011/10/25 11:14   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

いやはや・・・最終更新から20日。
渓流釣が終わり海釣を解禁。
そっち方面にあっつくなって、
静かに人気のぶっかけまんまをがんばって
更新がなおざりになってしまいました。


もう数十年昔の話。
ロン毛・下駄履きの高校時代、中央通にある高七にはまっていました。
当時は喫茶店だと思っていたけれど、業務形態としては食堂だったようです。
昨年、宮古にUターンし何年か振りに行きました。
画像
四角い顔のマスターが当時と同じ顔で迎えてくれました。
四半世紀のタイムスリップです。
画像
                       〈友人のY画伯が描いた高七〉

その日注文したのは、かつて何度も食べていたナポリタン。
ハム、ピーマン、たまねぎ、そしてケチャップ味。
画像

麺やわらかめ、スープとサラダつき。
その味は、昔とまったく変わらない、なんとも懐かしいおいしさでした。
その後上京、都会生活でパスタというのを覚え、
イタメシにはまり、ここでなんともえらそーにウンチクをたれているのですが(笑)
それでも、ナポリタンは外せません。私のその原点は高七にあるのです。


先日のことですが、お昼に、
いきなり、高七のナポリタンが食べたくなりました。
しかし、高七は今回の津波で被災、解体されていたのです。
食べられないと、なるとなぜか無性に食べたくなるもの。
そこで私は高七のナポリタンをつくってみようと。
冷蔵庫にある材料を使い、記憶をたどって、やってみました。
見た目はほとんど同じ、それなりにおいしいのですが、かなり違う、まったく別物なのです。

使ったパスタはお気に入りのドゥチェコ。
ピーマン、たまねぎ、ハムがなかったのでプリマのウインナーで代用。
バージンオリーブオイルを使い、ニンニクと唐辛子で香りを出す。
そこにイタリア産のトマト缶をドバッと入れてソースを作り
さらに麺をアルデンテ(固め)・・・に茹で上げソースと和えたのです。
けっこう気合をいれ凝ってつくった本格パスタのレシピ?です。
画像

しか〜し・・・。それが、そもそものまちがいなのでした。
ナポリタンは、made in japanの「スパゲッティという料理」なんですね。
味の決め手は、甘みのあるケチャップ。
たぶん昭和30年台あたりに手に入ったであろう食材でつくるのがベストなのでしょう。
味の決め手は、甘みのあるケチャップでなければならない。
トマト缶やピューレー、生トマトにすると
異なるおいしさのパスタになってしまいます。
パスタ、もとい、スパゲティは、国産(ママあたり)でなければならない。
基本の具をサラダ油で炒め、
少しやわらかめに茹でたスパゲティ(湯で置きの方がいいのかも)を加えてさらに炒める。
塩コショウをし、そこにケチャップなんです。
粉チーズ(パルメサンです。パルミジャーノルジャーノはNG)とタバスコは必。
たぶん、本格のナポリタンにイタメシの技はいらないのですね。
炒めご飯を作る感じでやるといいと思うのです。
(※このレシピは、あくまでも私の独断と偏見に基づいています。)

宮古で70年ぐらいの歴史がある老舗「高七」。そのファンは少なくありません。
店は震災でなくなりましたが、最近うれしい噂を聞きました。
なんと中央通りローソン斜め向かい旧吉八商店跡地で再開するというのです。
伝説のナポリタンやオムライスが帰ってくる。なんだかうきうきしています。
人づての話なので詳細はわかりませんが、どなたか教えてください。


静かに話題になっています。「ぶっかけまんま」

「ぶっかけまんま」は、とびきり旨い魚の煮つけのつゆに
たっぷり具がはいったつゆだく惣菜です。


材料は宮古にあがった旬の魚と日本中から選びに選んだ調味料だけ。
保存を促すわけのわからないカタカナ用語や化学記号的な怪しいものはいっさいはいっていません。無添加無着色、まさしく自然食です。
画像

懐かしいのになんだか新しい宮古の味。
「ぶっかけまんま」は魚菜市場の復興交流物産店「絆」、
坂兼商店、市内山口の山内魚店、
浄土ヶ浜マリンハウスで買えます。

※ウェブ産直ショップ「宮古のごっつお」は被災で休店中。年内の再開を目指し工事中です。
■ここからもご注文できます  電話ください
ぶっかけまんま カレイ     500円(税込)
ぶっかけまんま カレイ 辛っ  500円(税込)
ぶっかけまんま アナゴ   600円(税込)
化粧入り3点セット       1680円(税込)
送料  クロネコクール冷凍扱い 980円

■ご注文・お問合せは
宮古のごっつお OCCO 0193-62-3399  090-7846-6952  occonac3371@gmail.comまで



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
私も家族や人づてに聞いた話なので定かではありませんが、「宮古信金の向かい辺り」と聞きました。前お店があった場所の近くで復活してくれそうですね(^-^*)楽しみです。

ナポリタンは私もよく作りますが、バターで具材を炒めてケチャップ、塩コショウに砂糖を大目に入れます。宜しければお試しください(^-^)b
迦楼羅
2011/11/08 09:12
迦楼羅さん
はて?何とお読みするのでしょう。

復活の場所は旧吉八商店(金魚やさん?)、はんこやさんの道を挟んで向かいらしいです。

砂糖入りのナポリタン、昔の味に近づくかも・・・。
occo
2011/11/08 09:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
伝説の高七ナポリタン復活? 宮古のごっつお 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる