酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS 史上最旨の塩辛。宮古のごっつお

<<   作成日時 : 2011/12/22 01:38   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

なんともすごいタイトルを付けてしまった。
しかしそれに見合う塩辛だと思う。
画像

数十年昔の話なのだが・・・。
記憶をほっくり返そう。
毎年この季節に、今はなき父が台所の
こくらすまで茶色のつぼをかき混ぜていた。
それはそれは誰もがアンタッチャブルの器。
そこからこっそりと小さな皿によそい、
なめるように酒のあてにしていた。
アワビの塩辛だった。

いまや高級料亭(行ったことないけれど)でしか
見ることができなくなった超高級品のあわびの肝(トシル)であるが、
(いやあるとこには、けっこうあるけれど・・・)
画像

口開け直後(漁解禁日)には宮古の魚菜市場にけっこう出回る。
干しアワビをつくる際に出るのだというが
これが左党には堪らない、珍の味なのである。
画像

高級食材アワビは内臓の砂以外捨てるとこがない。
新鮮な肝はそのまま刺身も旨いしパスタのソースにと応用範囲も広いが、
今回は贅を承知で身と肝でつくってみた。

塩辛作りのコツは食材の水分をいかにうまく抜くか。
これをしっかりやらないと仕上がりが水っぽく傷みも早い。
私は材料を適当に切り、いい塩梅をほどこし小1時間ざるにあげておく。
これで適度に水分が切れる。
ふたつきの容器に移し塩梅をみながら調味。
ここから2日熟成させる。

まずいわけがない。子どもの頃は苦手だったが、
酒を嗜むいまの私には、たまらない酒肴となる。
あわびの塩辛。まさに至上のいや史上最旨。
これはいちばん贅沢な塩辛かもしれない。

と能書きたれていたら、先日のうちでの宴会では意外やクセが強いと人気は今一。
史上最強とはいえなかった。珍味は嗜好なのである。


ところで・・・突然ですが
今日、15時頃、さいがいFMでぶっかけまんま
「サバみそチーズ」「 サケみそチーズ」発売のPRをします。

画像


発売以来大好評の「ぶっかけまんま」に、新しいおいしさ。

今度の材料は宮古にあがった旬のサケとサバ。
日本中から選びに選んだミソとピートグラニュー糖、チーズだけ。
無添加無着色、まさしく自然食です。

懐かしいのになんだか新しい宮古の味。
心の中にあったおいしさがもっと今風の味で楽しめます。
「ぶっかけまんま」は魚菜市場の坂兼商店、
市内山口の山内魚店、
浄土ヶ浜マリンハウスで買えます。

■ここからもご注文できます  電話かメールください
新登場 ぶっかけまんま サケみそチーズ    550円(税込)
新登場 ぶっかけまんま サバみそチーズ    550円(税込)

     ぶっかけまんま カレイ     500円(税込)
     ぶっかけまんま カレイ 辛っ  500円(税込)
     ぶっかけまんま アナゴ   600円(税込)

*お気に入りの商品を化粧入り3点セットでおとどけします。化粧箱  80円(税込)

*送料  クロネコクール冷凍扱い 980円

※ウェブ産直ショップ「宮古のごっつお」は被災で休店中。年内の再開を目指し工事中です。

■ご注文・お問合せは
宮古のごっつお OCCO 0193-62-3399  090-7846-6952  occonac3371@gmail.comまで



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
史上最旨の塩辛。宮古のごっつお 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる