酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀毛かブナか?新巻問題。

<<   作成日時 : 2011/12/24 02:07   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

宮古では9月ぐらいから鮭がとれ始めるが、
その頃はまだ産卵まで至っていない若い銀毛が多い。
画像

それが11〜12月になると産気づいて♀は婚姻色が入り、
また♂は鼻が曲がったブナ毛が増えてくる。
画像

銀毛ピチピチものでつくった新巻はまだ若いので脂ギッシュで身が赤い。
脂が徐々に抜けくるブナ毛でつくった新巻は身が白くなってくる。

さ〜て、どっちの鮭が旨いか。
銀毛は数が希少で脂があり、身はそれなりにうまい。
いま時の嗜好からも人気が高く価格も高い。
身が白っぽい新巻は「ブナ毛だが・・・」とかなり差別されがちである。
それも川に近づくほど大きく士農工商ほっつぁれなどと侮蔑される。
イクラだけを重宝し子孫のためにわが身を削っているのにあまりにも不憫だ。
画像

しか〜し・・・私が子どもの頃、新巻は圧倒的に白っぽかった(うちだけか?)。
だから贔屓にするわけではないけれど、ブナ毛の新巻は脂が少ないぶん
鮭本来の香りや身の旨味が感じられるような気がする。
しかも酸化しにくいので夏まで保存できまる。
固くなった新巻を薄く切りあぶっておにぎりにいれる。
これがたまらなくうまかった。
私はブナ毛の白い新巻を「昔新巻」として断固支持する(ドン!)。
画像

今年は津波の影響なのか漁獲が少なく値段も高いけれど
宮古の正月には新巻サケは欠かせない。
うちは銀毛からちょいブナ毛になったぐらいの選ぼう。



ぶっかけまんま「サバみそチーズ」「 サケみそチーズ」絶賛発売中
画像

発売以来大好評の「ぶっかけまんま」に、新しいおいしさが加わりました。

今度の材料は宮古にあがった旬のサケとサバ。
日本中から選びに選んだミソとピートグラニュー糖、チーズだけ。
無添加無着色、まさしく自然食です。

懐かしいのになんだか新しい宮古の味。
心の中にあったおいしさが今風の味で楽しめます。
「ぶっかけまんま」は魚菜市場の坂兼商店、市内山口の山内魚店、
浄土ヶ浜マリンハウスで買えます。

■ここからもご注文できます  電話ください
新登場 ぶっかけまんま サケみそチーズ    550円(税込)
新登場 ぶっかけまんま サバみそチーズ    550円(税込)

     ぶっかけまんま カレイ     500円(税込)
     ぶっかけまんま カレイ 辛っ  500円(税込)
     ぶっかけまんま アナゴ   600円(税込)

*お気に入りの商品を化粧入り3点セットでおとどけします。化粧箱  80円(税込)

*送料  クロネコクール冷凍扱い 980円

※ウェブ産直ショップ「宮古のごっつお」は被災で休店中。年内の再開を目指し工事中です。

■ご注文・お問合せは
宮古のごっつお OCCO 0193-62-3399  090-7846-6952  occonac3371@gmail.comまで



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
宮古の鮭って
ほんとうんまいですよね。

新巻鮭も種類があること
はじめて知りました!

こちら、先日宮古で鮭を頂いたのですが
うんまい新巻鮭。
しょっぱくなくて、ほんとびっくりでした。

貴重なものをいただいて、ほんとに嬉しい
食卓でした。

(感謝です)

今年は魚そのものの数が減っているんですよね・・・
ほんと、ありがたかったです。

鮭は種類だけじゃなくて、いろんな食べ方もあるようですね。
奥が深そうだ・・・

あ、さばもですよね・・・
絵もすごく見たいし・・・
いつか買わないと・・・
・・・


まー
2011/12/27 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
銀毛かブナか?新巻問題。 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる