酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮古の華麗なる一族4 ぞうりがれい。

<<   作成日時 : 2012/01/13 01:01   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ぞうりがれいだもんなあ。
画像

スタイルは楕円形で胸板が厚い。おちょぼ口がキュート。
鱗が大きいので、ダーウィン的にはかなり古い魚なのかもしれない。
画像
もしかしたら私の寵愛するヤナギさんの本家だったりするかも?

宮古あたりでは「ぞうりがれい」、釜石に行くと「たばこがれい」、また「だるまがれい」ともいうらしい。
けっこううまいカレイなのに、呼ばれ方でかなり損をしている。
画像

ヤナギガレイには名前からして品や情緒があって高貴な味わいがそこはかとなく漂う。
「ぞうり」「たばこ」「だるま」ってなんでしょう。誰が履くか?いつ吸うのか?どう転がすのか?
とか・・・ぶつぶつ突っ込みを入れながら、口にはこぶと、ありゃまおいしいのなんの。
ヤナギに較べ身が厚い分食べ応えもある。
作り手にもよるが野趣に富み、魚本来の味が濃いようにも思う。

干物というもの、素材の鮮度はもちろんだが、あんべぇ(塩加減)と、陽と風の当て具合が勝負。
大量生産される干物って、出生が横文字だったり、器械干しだったり、どうにもいただけない。
干物のほこほこふっくらとしたおいしさは、いい魚とていねいな仕事、乾いた風でしかできないのだ。
いちばんの調味料は風土なのだ。

天日干しのぞうりがれい、とてもおいしい。
でも、私はやっぱりヤナギガレイの卵がオレンジ色が透けて見える子持ちがいちばん好きだ。 
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮古の華麗なる一族4 ぞうりがれい。 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる