酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS 津波に耐えた独活 2年目の春。

<<   作成日時 : 2012/05/08 13:59   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

宮古に来て2年。朝のウオーキングは震災で2ヶ月ほど中断したが、ほぼ習慣となった。
昨年の今頃は震災からの日々の復興を写真と拙いレポートで伝えていた。
そうした中で見つけたのがあの大津波を生き延びた独活だった。
昨年も書いたがもう一度振り返る。
宮町〜宮高土手〜河口からなあど往復のウォーキングを再開した6月某日のこと。
河口沿いになあどが見え、大きな瓦礫の山が目に入った。
佐々木鉄工所を過ぎてふと足元の緑に目が止まった。
山菜採りで見慣れた独活(うど)ではないか。もうすっかり大木。
食べられないし何の役にもたたない。
このあたりはあの時、どす黒い水が激流となってあふれかえったところ。
なあども鉄工所も2階まですっかり水没、1階はすべてどこかに流されていまっていた。

あのときこの独活は、まだ土の中にいたのだろう。
何が起こっていたのか、まったく知らなかったのだろう。
山沿いの道に生えてたら、たちどころに採られていたはず。
海っぺりに自然に生えるわけがないので、どなたかが植えたのかもしれない。
土の中で春の訪れをまっていたところに大津波がやってきたのだ。
それから1年が経った今年も毎日通りすがりに見ていたら、
これから地上に出るぞと顔を出した幼い芽がひょっこり。
おおお、がんばれがんばれ、食べごろになったら、わたしが、、、
と楽しみにしながら毎日眺めていたところ、2,3日前、根元からぽっきり折られていた。
画像

まだあんなに小さい独活はただ苦いだけなのに。どなたかが食べたのだろう。
少し複雑な気持ちになりった。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
津波に耐えた独活 2年目の春。 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる