酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS 山菜の王様って、なんなんだ?

<<   作成日時 : 2012/05/09 17:55   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

いきなり答です。
シドケが山菜の王様なんだそうです?
はあっ!誰が決めたの、とつこっまれても困りますが
まわりにあれこれ聞いてみると、
いただいて一番うれしい山菜の輝け第1位なんですね。
値段を見ても確かに王様です。
画像
しかし都会に行くと威張りようにも存在がない、見たこともありません。
この名前は、氷(スガ)が溶けるまもなく萠え出ることから、
スガトケ⇒シガドケ⇒シドケになったようです。
また葉が開きかけると形がモミジに似ていることからモミジガサとも呼ばれます。
ほっておくと1mほどになり花の咲くころに陰干にすると薬用になります。
シドケは2時間ミステリーなどでおなじみの毒草トリカブトにそっくりで
まちがって採取し、うまいうまいと食べると死んでしまうこともあるのでご注意ください。

王様はいかにも熊が出そうで歩くのも難儀な谷沿いや沢沿いの急斜面にあります。
画像
葉の開ききっていない若芽の太い茎を選び、ぽきんと折れるところで採っていきます。
尾根の上の方から下りながら採り、つい夢中になって気づくと熊と出会ったとか、
元の場所まで戻るのが大変で死にそうになったというような話をよく聞きます。
とにかくシドケ採りは大変な苦労がつきもので、そうもしないと手に入りません。
いただいたときは一言「採るの、たいへんでしたでしょ。ありがたくいただきます」と必ずいいましょう。
「あなた、採る人。私、食べる人」なんていったら、もうあげたくありません。
画像

ほんのひと握り500円以上。
価格も高くなんやかんやでシドケはやっぱり山菜の王様なのですね。
さっとゆがいてカツオブシと醤油でいただくのがなにより。
シドケ独特の香りとしゃきっとした味わいがたまりません。
最近は畑での栽培ものもたくさん出ていますが、
味も香りもまったく別物。王様に対して失礼です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山菜の王様って、なんなんだ? 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる