酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日はタコを食べる日です。

<<   作成日時 : 2012/07/02 16:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

今日はタコの日、半夏生「はんげしょう」です。
夏至から数えて11日目。天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日で
この日は天から毒気が降ると言われ、みんな避難しなければならない。
天球上の黄経100度の点ってどこですか?私に聞かないでください。
とにかく井戸には蓋をしろ、その日採った野菜や魚は食べてはいけない・・・
やたら駄目だしが多い日でもあるようです。
そして今日は稲の苗がよく根付くようにとタコを食べるというのです。
足が8本あるからでしょうか。
人がタコを食べたから稲が根付くという根拠はまったくわかりません。
ともかく毎年7月2日はタコの日、半夏生「はんげしょう」なのです。
画像

そんなウンチクは置いておいて
宮古はタコがたくさん獲れるので、みんなもっとタコを食べましょう。
茹でタコの刺身以外なあというあなた、やわらか煮をぜひお試しください。
タコは全身が筋肉質なので、ことこと煮過ぎちゃうと固煮になってしまいます。
コツがあります。タコをまな板にのせて大根でまんべんなくたたく。
これをするとタコは品よく柔らかくなります。
ごぼうはどうか。とろろ芋じゃだめか。すりこぎ棒は。
先人は大根でなければならないといっています。
こんな大根で叩いたらタコもたぶん驚くでしょう。
画像

しかし六本木の名店「八山」のタコ入道のような料理人いわく
「タコの加熱は柔らかくするためではなく、短時間で味を入れるため!!
サッと煮ればいい。煮る前に叩けば柔らかくなるんです。」
先人は身近にあった大根を使って叩いて繊維を切った。
それが大根説になったらしいのです。
先を進めましょう。
画像

八山のタコ入道は、タコに約5ミリ幅の隠し包丁を入れます。
切り込みが深いと火が入りすぎてしまうので注意です!
鍋に出汁・酒・しょう油・みりんを入れたら、
タコを細かく切らず塊のまま入れる。
弱火で熱し、沸騰してから2分間煮る。
ぶつ切りにしてお皿に盛り、木の芽皮を添えて完成。
私はせっこきをこいて切り込みなし、木の芽省略。
でもうまいです。
タコの日、半夏生「はんげしょう」に「タコの柔らか煮」うまいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
丁度夕食でタコ食べました。
大根でタコを叩けば柔らかくなるって、大根に含まれる消化酵素のおかげ?
ジアスターゼって言ったかな!?
Shan
2012/07/02 22:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日はタコを食べる日です。 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる