酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS ワラサのフルコース。4人分600円。どうだ。

<<   作成日時 : 2012/08/22 12:30   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

お盆が終わって涼しくなると思いきや、、なんなんだ、この猛暑は。
仕事部屋は容赦なく太陽光が当たるためにアヂアヂムレムレ温室サウナ状態だ。

暑くてもいい。うまい思いができるなら・・と強引に食べものに振ったはいいが
いつも今時期なら驚くような価格ながら初さんまが並ぶはずなのだが今年は大船渡に行ったようだ。
いくら初物で高いといってもさんまはさんま、、、、もうちょっと待とう。飽きるほど揚がる。
画像

で、ちょっと目をやれば夏の青ものが大挙して並んでいるではないか。
ショッコ、イナダ、ワラサ(ニサイ)、あまりいないけどブリ。
出世魚ブリの呼び名は、各地域でちがうようだが、宮古では上のとおり。
しかしよ〜く見るとお店によってもいろいろで大きいショッコがいたり、
小さいワラサがいたり、イナダやニサイも混在状態。大きさも脂ののりも獲った海域で異なるようだ。

ワラサを1尾買ってきた。存在感はあるけれど600円。
画像

半身は刺身とシャブシャブでいこう。
画像
   
今日は生姜醤油に漬け込み、づけ丼に。
画像
シャブシャブは脂がのったブリがおすすめだが、ワラサや大きめのショッコもOK。
そぎ切りしたお刺身を昆布とお酒を入れたお湯でシャブシャブ。
マイルドなぶん魚本来の味が楽しめると考えるのもまた一興ではないか。

残りに半身は話題の塩こうじと定番照り焼きに。   
塩こうじ、噂にたがわずいい仕事をする。料亭の味がする。行ったことはないけれど。
照り焼きも油で焼くとぱさぱさせず、なかなかおいしい。
画像

ぶりの頭とアラといえばぶり大根、居酒屋定番メニューだが、ワラサでトライしてみた。
画像

アラの部分はけっこう脂があるではないか。むしろ上品な味かも。
もちろん魚の旨味をたっぷり含んだ大根はたまらないうまさだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい!
宮古では600円で手に入るらしいワラサを一回一万円以上かけて釣りに行くのが東京です。
しかも獲得率は低い。。。
じんすけ
2012/08/23 08:16
じんすけさん。
私も東京時代1万円かけて人気のないメジナを釣ってました。宮古の釣りはほとんど餌代の数倍の釣果はあります。川は300円で山女、いわながいつも20尾以上。
occo
2012/08/23 10:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワラサのフルコース。4人分600円。どうだ。 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる