酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS サンマのアンチョビ・・サンチョビをつくる

<<   作成日時 : 2012/10/02 16:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

さて、きのう、半年後あれこれとおいしい思いができるあれに続くと書いたので・・・

続きです。

2年ほど前にあれに挑んだときは直球勝負でした。
それがものの見事に成功。まだ冷蔵庫にあって
わがイタリアンレシピあれこれの味の決め手になっているのです。

手づくりアンチョビ。
画像

http://occonac5345.at.webry.info/201007/article_10.html
このときは一山150円の宮古のまさごいわしを四山ほど使いました。
画像

イワシの出世にはお金も手間もかかりませんでしたが、熟成に費やす時間だけはどうにもなりません。
イタリアンがスローフードの原点であることをあらためて痛感したのであります。

そして12年9月某日、手元にはつかみ取りイベントで得たサンマがありました。
画像

今回はこの170gものサンマを「アンチョビ」に出世させてやろうという壮大なプロジェクトです。

サンマはいつもより丁寧に3枚におろし、きれいに洗って水分を取ります。
画像

器に塩・さんま・塩・サンマと交互に並べ、しっかりふたをし封印。
画像

がっちり塩蔵されたサンマは3ヶ月ほどの熟成の旅に出たのです。
画像


3ヵ月後・・・イワシのときはこうでした。
ふたを取るとえもいわれぬいい香りがプーンと立つ。
何カ月ぶりにシャバに出たまさごいわしは、すっかりアンチョビの顔でした。
色といいやわらかさといい、シチリア産ペッピーノ爺さんのアンチョビに負けじとも劣りません。
もちろん浮いた汁は極上の自家製無添加無着色のナンプラーです。
画像

ビンにきれいに並べバージンオリーブオイルをどぼどぼどぼ・・・
画像

ベーリーフなどをパンとたたいて放り込みました。
それ、今も使ってます。あと1年分ぐらいあります。

3〜半年後、サンマのアンチョビ、サンチョビは、はたしてどうできるのでしょう。
成功したら向こう5年間ぐらいアンチョビを買わなくてすむはず。
だって、8尾分ほど仕込んだのですから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンマのアンチョビ・・サンチョビをつくる 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる