酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮古のごっつお ひゅうずのつくり方

<<   作成日時 : 2013/11/11 14:30   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

いえのすぐ近くのマクドナルドの前で、七五三の衣装をまとったわらすが、
「マックくいてぇ〜〜」とごんぼーをほっていた(だだをこねていた)。
子供以上にちゃらちゃら着飾ったおば〜やんの一喝。
「なに〜マック、いえさけーれば、ひゅうずが、あんがぁ。ずっとうんめぇが」
(訳 何がマック、家に帰ればひゅうずがある。ずっとおいしい。)

そっか、ひゅうずか。しばらく食ってないな・・・。
わたしは無性にひょうずが食べたくなったのです。
ひゅうず。宮古ではおなじみの形ですが、どうみても餃子のお化けです。
名前の由来はその昔、形がたまたま「火打ち石」に似ていて、「ひうづいす」と訛って
しゃべったことから「ひゅうず」になったとのこと。
農作業の合間におなかを満たすこびり(小昼)であり、
また仏ごとのお供えにも使われるのです。
そういえば食べるたびに、子供の頃のお盆の仏壇の前の光景を思い出すのです。

ひゅうずは小麦粉だんごの中に黒砂糖、味噌、地クルミが入った実にシンプルで素朴な食べものです。
もちもちの皮を歯で食い破ると中のドロドロソースが口いっぱいに。
だんごの粉の香り、黒砂糖の独特の甘さ、胡桃のうまみ。
ほんとうに「なにがマックだ、宮古のおやつ(こびり)は、ひゅうずがいちばんだ」と
大声でいってみたくなるほど深い味わい深いのです。
宮古通にいわせればひゅうずは、「Kばけん」がうまいそうです。

画像

そうだ。ひょうずをつくってみよう。
いや、長い前置きっですみません。
宮古ごっつおチャレンジ 
郷土のスイーツ「ひゅうず」のつくり方
●材料 10個分
小麦粉  400g 塩小さじ1 黒砂糖100g 地くるみ すりごま
※安いからといって洋ぐるみはNGです。味・香りがまったく別物ですから。
画像

画像

画像

@ボールに小麦粉をとり、塩をいれ、熱湯をそそぐ。
少し入れ箸でまぜ、少しづつ少しづつ。
一度に入れすぎると取り返しがつかない。
ぼそぼそしたら手でこねる(目安は耳たぶだ。)
画像

A練った粉を10等分に。手のひらで丸く伸ばし整形。厚さは3mmぐらいか。
そこに、黒砂糖、くるみ、ゴマを入れ両端をあわせ閉じる。
餃子のようにひだひだはつけない。花ひゅうずというのもありますが、今回は定番でいきます。
画像

Bこの餃子のお化け(いやいやイタリアにはラビオリやカルツォーネもある)を鍋の熱湯に茹でます。
画像

茹で上がりは浮いてくるのが目安。
C1つづつ、ぬらしたさらしに取ってください。くっつくので、くれぐれも重ねないように。
画像

今回は400gの粉で8個つくりました。市販品の1.5倍の大きさです。具も多く、しかも手づくりなので何倍もおいしい。このひゅうず、かじったときに中の黒砂糖ソースがピュッと飛び出るときがあるので、食べるときは要注意です。おすそ分けをしたら「ずいぶんおおっきいおひょうずだーごど」といわれました。
画像

ひゅうず、つくってみたらけっこう簡単なのだ。残していきたい宮古の食文化なのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ひゅうず?
ひょうず?

どっちが正しいのかわかりません。
使い分けてんのすか?
。。。。。。○
2013/11/11 15:43
ひゅうず◎ ひょうず× 単純に入力ミスです。ごめんなさい。
occo
2013/11/11 19:18
夏に宮古に帰った時、無性に食べたくなって、ホテルでこっそり食べていました。朝ごはんの後に(笑)。ひうづいす で ひゅうず・・・ナルホド。写真すごく美味しそうで作りたくなっちゃいました。一個50グラムはけっこうずっしりきそう。でもマックより断然ひゅうず!
うらら
2013/11/12 02:34
うららちゃん  ひゅうず  超簡単です。しかもおいしい。おなかいっぱいになります。ぜひ、つくってみて。
occo
2013/11/12 13:37
懐かしいなぁ〜。小さい時、大好きな妹とと食べた思い出。
埼玉
2013/11/12 15:08
友人に教えてもらいましたが、
まだ作っていません…((+_+))

美味しそう♪
ヒロコ
2013/11/12 19:55
埼玉さん 昔やったときは本を見ながらでしたが今回はしっかり指導を受けました。「てど」を見ながらなので失敗なし。宮古の郷土の味を残せました。

ヒロコさん ぜひ試してください。素朴でうんまいんですから。
occo
2013/11/13 21:32
「てどっこ」の良い指導員さんがいらして良かったですね。私の母は、とっても料理上手でしたので色々な郷土の味が記憶にあります。是非、頑張って郷土の味を残して下さい。
埼玉
2013/11/14 10:10
お゛〜、懐かしい。
黒砂糖が溶けきらないでザラザラしているのが好きですね〜。
Shan
2013/11/16 09:47
こんにちは。最近、ひゅうずが無性に食べたくなり、宮古の母に頼んで宅急便もありかなとか、色々考えてました。ここは葛飾。ひゅうずはどこにありません!買えません(T_T)
レシピありがとうございました。おから団子も作りました。お湯加減が難しかったですが、おかげ様で久しぶりのソウルフルなおいしさに感動です(^^)
カズコ
2014/04/20 18:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮古のごっつお ひゅうずのつくり方 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる