酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS 宮古 初食体験 おから団子

<<   作成日時 : 2014/02/03 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

宮古に帰ってきて3年を過ぎた。
宮古生活のべ20年ちょっと。
まだまだ初体験、発見があるわあるわ。
画像

最近は宮古の正月。
くるみもーづ(餅)ぐらいが、私の正月感だったのだが
このところたてて続けに初体験があって、感動しっぱなしなのだ。

1 なもみ
宮古周辺の農村には小正月に子どもがいる家を
なごみ(なもみ)が廻るそうだ。
ドンドンドンドンッ と家の壁を叩き、
「悪りぃわらすは、いんねぇが!」きかねぇわらすは、いんねぇがぁ」
秋田のなまはげのようなものらしい。
先日も山の友人宅に出没したそうだ。

2. 3度の正月
うちのあだりでは、正月もちゃんと3回やんだあが。
  
  松こで待って 笹こでさっと 杉こですんだ
  
  (正月は)・・・松を飾って待つ
  (小正月は)・・・笹を飾って簡単に
  (三日正月は)・・・杉を飾って済ませる   

いや〜いいなあ、、、いまどき、まち場ではやってないよなあ。


3.おから団子
で、小正月に欠かせない宮古のごっつおはというと「おから団子」

魚菜市場で見たことはあるが、食べたことはなかった。
こびり(小昼)のなかでもひゅーずやすっとぎのように
メジャーではない。見た目も存在感も地味。
朴訥、けなげ、純朴・・・なんか自分と合い通じるもんが(ないか?)


今回教わった先生は「ぜんぶ目分量でやってんがぇ」というけれど、はかったら
・おから  260g
・米粉  200g
・小麦粉 200g
・くるみ、炒りごま(黒) 適量
・砂糖  70g
・塩   小さじ1  のぐらいだ  これで20個近くできた
画像

材料をぜんぶボールにいれ
熱湯を少しづつ加え、はしで混ぜながらてゆく
画像

ぽろぽろになってきたら、手でこねる
耳たぶの固さぐらいなので、耳にさわりながらやるといい
画像

手でたこ焼きぐらいに採り、ころころ丸め、ひらたくする。

あとは熱湯で浮き上がるまで茹でて
さらしにとって冷まして完成
画像

熱々をはふはふ食べると3つの粉のうまみに
クルミとゴマがアクセントをあたえ
なんとも素朴にうまい
かめばかむほどしみじみうまい
まさに穀類のうまみなのだ 若もんにはわかんねーだろうな
画像

冷えて固くなったのをオーブンで軽く炙ると
これがまた別物絶品ものになる
画像

市販のジャンキーなスナックは食べた後に後悔がともなうけれど
こういうこびりは身体にいい感が残るんだよね

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宮古 初食体験 おから団子 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる