酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS 解禁前の渓流魚のたな卸し、、甘露煮をつくる。

<<   作成日時 : 2014/02/19 15:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

雪は降れど、もうちょっとで3月。3月といえば弥生・・・渓流釣り解禁なのだ。
はやる気持ちがいっぱいで年券を買ったり、ロッドの点検・仕掛けつくりなど、
確定申告を「まだいいか」とながめながら、まるでこどもの遠足前のようなのだ。
気持ちの盛り上がりはさておいて、釣る前にやらなければならないことがある。
冷凍庫に残っている昨年釣った岩魚・ヤマメ。これをどうにかしなくては。ストッカーのたな卸しだ。
画像
腹を抜きぬめりも取ってしっかり保存してあるので塩焼きにしてもうまい。大きいのは焼きにとっておこう。
中サイズは 、調理の手軽さ、保存性を考え甘露煮にしてみるか。

材料 今回は岩魚10尾 ヤマメ8尾 腹抜き、ぬめり処理済
酒 200ccぐらい ザラメ 100gぐらい 梅干4個 根生姜 醤油200ccぐらい

魚が入る鍋に酒をどぼどぼ入れ火をいれアルコールを飛ばす。火がつくと危ないので注意。
水を同量いれ、ぐらぐらわいたら、魚を並べていく。
ほとんどレシピには一度素焼きにするとあるが見栄えが悪く味もかわらないとおもうので私はやらない。
画像

刻み生姜み、梅干をいれ、キッチンペーパーを落し蓋にして弱火で1時間。
その間は火に気をつけて自由時間。ザラメを加え、溶けたら醤油を注いで弱火で2時間。
またまた火に気をつけて自由時間。確定申告が進む進む・・・と集中しているうちに見てよこの照り、うまそうでしょ。
画像
川魚というと「えっ〜?」という人も、山間の温泉旅館で「岩魚の甘露煮でございます」と
うやうやしく供されるとうまいなあと納得する、あれですよ。
画像
しかもこちらは養殖じゃない、すべて天然モノ。甘さの奥に川魚のしみじみとした味わいがある。
私的には、辛口の燗酒か、芋焼酎のお湯割がいいと思う。さあて渓流2014に想いを馳せて、、、飲もっと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。渓流のブログを色々読んでたらコチラのブログに辿り着きました。楽しく読ませてもらいました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。
ありがとうございました。
daiki
2014/02/26 10:51
daikiさん。 ありがとうございます。東京からUターンして4年。津波はありましたが、、、渓流釣り、山菜、きのこ、海釣り、、岩手は楽しみがあふれています。楽しんで、料理して、人と飲んで。日々の好き勝手を書いています。これからもよろしく。
occo
2014/03/04 18:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
解禁前の渓流魚のたな卸し、、甘露煮をつくる。 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる