アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「宮古の魚」のブログ記事

みんなの「宮古の魚」ブログ

タイトル 日 時
寒鱈、いや夏鱈。チゲで以降。
寒鱈、いや夏鱈。チゲで以降。 宮古の真鱈は年中もの。真鱈と言えばチリですが、これからの季節はチゲがうまいんですよ、これが。ところでチゲとは鍋を意味する韓国語なんです。グルメ番組などで「チゲ鍋はうまいね」とか、シタリ顔でいうのをよく見かけますが、それって「鍋の鍋か?」とつっこみをいれてみたくなります。キムチ鍋と勘違いしてるんですよね、ったく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/30 11:54
地味なタラ、すけそうだって、うまいのだ。
地味なタラ、すけそうだって、うまいのだ。 トロールで、すけそうだらがたいした揚がっているそうだ。でもね魚屋さんでは、まったくと言っていいほど見かけない。春先にちょこっと干物に加工されたぼーたらやぴんたらをみかけるぐらい。すけそうは足が早く、また年中うまい真たらがあるので、店頭に出しても売れないのだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/13 15:11
都会にはない、三陸だけの春の逸品「まつも」。
都会にはない、三陸だけの春の逸品「まつも」。 都会ではどマイナーな、三陸宮古の絶品高級海藻まつも(松藻)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/03/03 12:24
解禁前の渓流魚のたな卸し、、甘露煮をつくる。
解禁前の渓流魚のたな卸し、、甘露煮をつくる。 雪は降れど、もうちょっとで3月。3月といえば弥生・・・渓流釣り解禁なのだ。 はやる気持ちがいっぱいで年券を買ったり、ロッドの点検・仕掛けつくりなど、 確定申告を「まだいいか」とながめながら、まるでこどもの遠足前のようなのだ。 気持ちの盛り上がりはさておいて、釣る前にやらなければならないことがある。 冷凍庫に残っている昨年釣った岩魚・ヤマメ。これをどうにかしなくては。ストッカーのたな卸しだ。腹を抜きぬめりも取ってしっかり保存してあるので塩焼きにしてもうまい。大きいのは焼きにとっておこう。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/19 15:06
くりガニって、けっこううまい、安い。
くりガニって、けっこううまい、安い。 今年は毛ガニの水が遅いそうだ、と漁師さんはいう。獲れはじめがかなり遅れているそうだ。 毛ガニ祭りも迫っているのでどうするんだろう。そのせいか値段もべらぼうに高い。 食卓にのせるにはまだまだ。店頭で横目で見ながら知らんぷりしていたのだが…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/03 11:45
汁から鍋へ。どんこの出世。宮古のごっつお
汁から鍋へ。どんこの出世。宮古のごっつお どんこは三陸宮古の冬の味です。ブヨブヨとふくれた腹にはそぐわない貧弱な尾、どす黒くヌルヌルした肌、口から飛び出そうな浮き袋。どう見てもグロでブス。でも、これがたまらなくおいしく、地元では定番の魚なのです。 旬は冬ですが、夜釣りの対象魚で湾内の防波堤のテトラで年中釣れます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/22 11:09
パスタだ。宮古だ。
パスタだ。宮古だ。 くそいそがしい、、たらありゃしない。 目の前のことばっか考え、ブログをずっとほったらかしにしてしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1

2013/07/13 11:45
宮古のデブ牡蠣、うまいのなんの。
宮古のデブ牡蠣、うまいのなんの。 消えたと思ったらまた雪降り。 アダモの歌も、もううんざりだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/15 14:07
海鼠大漁。茶ぶりナマコでやわらか珍味だ。
海鼠大漁。茶ぶりナマコでやわらか珍味だ。 大雪の中、宮古周辺でナマコが何十年来の大漁だという。 去年あたりなら2尾入りの袋が700円位していたのだが 今日はなんとこれで150円。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/14 18:09
誰が買う?1尾5万円なりの鮭。
 誰が買う?1尾5万円なりの鮭。 鮭児。けいじと読みます。数万尾に1尾という超プレミアム鮭で 北海道あたりのWEBSHOPでは1尾5万〜10万円もします。 その希少な鮭児が、いま時期、宮古でも獲れるのです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/11/27 18:59
鮭のアラで、アラおいしいふりかけが。
鮭のアラで、アラおいしいふりかけが。 昨日(日曜日)は魚菜市場でオス鮭を限定100本1300円のイベント。 漁獲が少ないので破格の値段である。 11時からなので余裕を見て30分前に行ったのだが甘かった。 整理券を配り終わり、すでに100人以上がならんでいるではないか。 その横では1300円鮭にたどり着けなかったみなさんが、 お振る舞いの鮭アラ汁をアラ残念顔で食べていたのだった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/26 19:01
鮭のシラコ(白子)も、料亭料理に。ってか。
鮭のシラコ(白子)も、料亭料理に。ってか。 大き目のオス鮭を解体していたらど〜んと立派な白子が入っていた。 白子とは、オスの精巣。種族保存の要だ。栄養もDNAも確かだろう。 しかし寒の真鱈のそれはいまや垂涎もの高級素材。味もいいのだが、お値段もいいこと。 おんなじ白子なのに鮭のものは、宮古ではあまり好かれないようで、ほとんど見かけない。 宮古のごっつおの虎の巻・聞き書き「岩手の食事」によると、 浜どこでは昔からけっこう食べられているようだ。 「すろっこ汁」は、味噌仕立ての大根のひきなに、白子をころころ切って入れさっと煮たも... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/21 18:00
ブリっ子(汐っ子)はハワイのポケで。
ブリっ子(汐っ子)はハワイのポケで。 宮古でのブリっ子=汐っ子(しょっこ)が、旬です。 ご存知のように出世魚、ブリの幼魚。 宮古では、汐っ子・イナダ・ワラサ(ニサイ)・ブリとなります。 このブリっ子、子どものクセに、大きめのサバよりも大きく、大きい顔をしています。 しかしお店によって、でかい汐っ子がいたり、小ぶりのワラサがいたりいろいろです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/06 13:02
サンマのアンチョビ・・サンチョビをつくる
サンマのアンチョビ・・サンチョビをつくる さて、きのう、半年後あれこれとおいしい思いができるあれに続くと書いたので・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/02 16:58
サンマのアヒージョだじょ。
サンマのアヒージョだじょ。 10月です。FBばかりしてないで、今日からまじめに更新します。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/01 13:28
真夏の夜の鍋
真夏の夜の鍋 夕べも暑かった、いったいいつまで続くんだ、、ったく。 そうだこの暑さを辛さで吹っ飛ばすしかない。 普通はカレーとくるだろうが、それではおもしろない。 よし、宮古のごっつおはキムチたっぷりタラチゲでいこう。 まだらは宮古ではほぼ年中獲れる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/19 11:09
ワラサのフルコース。4人分600円。どうだ。
ワラサのフルコース。4人分600円。どうだ。 お盆が終わって涼しくなると思いきや、、なんなんだ、この猛暑は。 仕事部屋は容赦なく太陽光が当たるためにアヂアヂムレムレ温室サウナ状態だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/22 12:30
ウミタナゴの子を食べて見た。けっこううまいなあ。
ウミタナゴの子を食べて見た。けっこううまいなあ。 ウミタナゴ釣りにはまっています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/02 10:32
〆サバを焼くと、またこれが旨いんだ。
〆サバを焼くと、またこれが旨いんだ。 いくらサバフェチで〆サバが好きだと言ってもそんなに食べられるものではありません。 1日たって酢が回り中まで白くなっていたので皮目をさっとあぶってみました。 そうです。焼き〆サバです。これまたまったくちがう旨さ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/10 10:16
〆さばは、砂糖で〆る。これは旨い。
〆さばは、砂糖で〆る。これは旨い。 夏サバが来ています。けっこう大きく早熟なのもいる。 私、サバのすがすがしいストライプときょとんとした目を見てしまうと もういてもたってもいられなくなってしまう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/09 10:49
閉伊川のアユ、初香魚。うまいですわ。
閉伊川のアユ、初香魚。うまいですわ。 つゆど真ん中のこの季節、ちょうどこのころです。 「鮎は、よごぜんすっか」「鮎、おげんせ、安くせんすー」・・・ 小さな体に大きなもっこを背負って行商おばちゃんがやって来たものです。 もっこを下ろすとゴボウの葉に包まれた釣りたての鮎が独特の匂いを漂わせます。 鮎は香魚。天然のいい鮎はスイカの匂いがするとはよくいったものですね。 きのうは師匠から閉伊川の釣り鮎をいただきました ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/07/06 10:54
初めて釣ったマコガレイ、どう食べたか?
初めて釣ったマコガレイ、どう食べたか? まあど〜でもいいことかもしれませんが・・・。 生まれて初めて釣ったもので少しオダッテいます。 このマコガレイ、サイズは38cmですが、なんとも身が厚いんですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/19 10:46
遭いたくないクマ、遭いたいマコ。
遭いたくないクマ、遭いたいマコ。 最近、巷間、熊出没情報が、喧伝されています。 (あらま、なんか文章の出だしから、がっちがちや。 きのう、資料作りをしたせいかしらん。) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/18 14:18
29cmイワナとタコ料理。
29cmイワナとタコ料理。 恒例の週末釣り。朝4時に起きたらめげるほどのかなりの雨。 結局めげて再度寝。起きたらなんと7時だ。 ああ損した。時間のロスを悔いてしまう歳なのだった。 で、外を見ると小ぶりじゃないか・・・。 雨の日は釣れるよ、という師匠の言葉を思い出し めげ頭はすっかり行け行けモード。 結局9時にはさてどこ行こうと車を飛ばしていた。 で、結局、ちょっと前にいい釣りをした刈屋川の上流に。 増水してポイントは限られるが師匠の言葉通り釣れる。 10時〜15時で29cmイワナを筆頭に けっこういい型... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/06/11 12:57
人気西高東低の魚 サワラ。
人気西高東低の魚 サワラ。 最近魚菜市場には大目やママスのそばで地味に目立っている魚がいます。 見た目は間延びしたような鯖?魚辺に春と書いてサワラです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/01 14:26
ピーピーイカでイカポッポー。
ピーピーイカでイカポッポー。 仕事で魚菜に行くことが多い。 ここをぶらぶら歩いていると季節をからだで感じてくる。 で、けさ、はたと目に留まったのがスルメイカ。 まだまだ小さくやわらかく、ちょっとかわいそうだなあ と思いながらも食い気は強い。買ってきてしまった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/29 10:56
生シラスという魚はいない。宮古のごっつお
生シラスという魚はいない。宮古のごっつお 恒例週末の魚菜市場ほっつき歩きで生シラスを見つけた。 とても大好きな春の味だが今年はかなり遅い。寒いから、まいっか。 その晩はしょうが醤油でお刺身。 ねっとり甘くしみじみうまい。芋焼酎の水割りが進む進む。 あとはお吸いに入れておいしくいただいたのだった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/05/23 18:12
渓流釣りざんまい
渓流釣りざんまい 4月もおわり明日から5月だ。はやっ! ついこの間、年明けだと思ったのに時間があっという間に経ってしまう。 これ歳のせいなのだろう。時間も早いが物忘れも激しいのだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/30 16:47
幻のまつぼ、糸松藻。
幻のまつぼ、糸松藻。 春の海は水温も下がり魚がめっきり減ります。 三寒四温の中、がぜんおいしくなるのが海藻類。 なかでも「生まつも」は三陸に春を運んでくるおいしい海藻です。 おみやげ用で売られているパッケージには「まつも」とありますが、 宮古では「まづぼ」と呼びます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/22 22:55
初ヤマメは黒かった。
初ヤマメは黒かった。 渓流解禁から18日目の日曜日。今年は寒くまだ雪が多いとのことでタイミングを 見はからっていたが、ついに我慢しきれずに初釣行へ。 場所は市内からクルマで30分ほどのとある小さな川。 日ごろの何やかやと忙しい自分へのごほうびと決める。 それにしてもごほうびが何かと多いのだが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/03/19 17:04
「小女子」の熟魚、「女郎人」。メロード
「小女子」の熟魚、「女郎人」。メロード 魚菜市場をぶらぶら歩いていると 「よく見かけるけれど、はて何だろうと思う魚」に出会うことがあります。 メロードという魚もそのひとつ。カタカナ表記のネーミングがなんとも怪しい。 見た目もサヨリというか、引き伸ばしたシシャモというか、好奇心をそそる。 ともあれあれこれ調べてみました。何のことはない。 メロードとは今時期とれるシラスの一つ「小女子」の成れの果てだったのです。 小女子は今時期、日本各地の浅瀬で獲れます。 宮古でも春先に水揚げされ生シラスとして、おつゆに入れたり、 わさび醤... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/12 16:11
宮古のタコは、しみじみうまい。
宮古のタコは、しみじみうまい。 宮古はタコが年間安定して揚がる三陸有数の港である。 タコの浜という名前も、なんらかの由来があるのだろう。 ともかく宮古の隠れ名物、タコなのだ。 それにしても明石のように「タコのまち」というような名産感がまるでない。 これまでそういうPRしてこなかったからなのか、 それともあんまり食べる習慣がないからなのか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/05 01:53
続・鮟鱇  とも和え 
続・鮟鱇  とも和え  宮古では冬の高級食材鮟鱇を食べる習慣があまりない。 もとい、うちではなかった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/26 01:18
高級鮟鱇鍋、一人前数百円。
高級鮟鱇鍋、一人前数百円。 本日の宮古のごっつおも、前回に続き鮟鱇My LOVE。鮟鱇鍋いきます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/23 11:59
雪の日は、鮟鱇を。
雪の日は、鮟鱇を。 ちょっと忙しいからとブログをサボったらあっという間に1週間。 時の経つのが寄る歳波とともにただただ速くなるばかりです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/20 10:50
宮古の華麗なる一族4 ぞうりがれい。
宮古の華麗なる一族4 ぞうりがれい。 ぞうりがれいだもんなあ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/13 01:01
焼くと、溶けてなくなるカレイ。アブラカレイ。
焼くと、溶けてなくなるカレイ。アブラカレイ。 またの名をトケガレイともいう。 いまじき宮古拠点のトロール(底曳き)で獲れる。 正しくはアブラガレイ。 文字どおり脂が多くかつてはこの魚から油をとっていたというが、 鮮魚としてはまったく見向きもされなかった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/11 01:24
生まれて此の方、食べたことがなかった。セイダガレイ
生まれて此の方、食べたことがなかった。セイダガレイ 呑み助&通好みの、せいだガレイ 宮古の大先輩から「真冬の宮古のうんまいもののトドメはこれだ」 と一押しされたのが「セイダガレイのひもの」だ。 実は私、見たことはあったが、生まれて此の方食べたことがなかった。 そっか、うまいのか? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/08 23:21
宮古のごっつお鱈チゲ奉行。
宮古のごっつお鱈チゲ奉行。 鱈チリはうまい。鱈チゲもいける。 鮭が終わりに近い宮古はまさに寒の鱈。 真タラと言えばチリだが、チゲもいいのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/06 13:07
正月早々、閉伊川の香魚。
正月早々、閉伊川の香魚。 夕べは釣仲間が集まっての新年総決起会。 という理由付けのただの飲み会だった。 釣りといっても若い人たちの間でブームとなっている ロックフィッシュやフライとやらではなく ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/05 17:26
スケソウの開きをやってみた。宮古のごっつお
スケソウの開きをやってみた。宮古のごっつお 年末に浜どこの友人からすんな回しで大きいスケソウダラ、 いか、マダラ、沖ハモほかを山ほどいただきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/04 12:18
 宮古の寒タラはメスがおすすめ。
 宮古の寒タラはメスがおすすめ。 寒の真タラ。三陸宮古のタラはうまい、まちがいなくうまい。 寒タラといえば、身はさておき白子?宮古でもキクといって珍重されている。 世の中が白子だ白子だとさわぐので、 白子の入ったオスが店頭ではやたらえらそーにしていて、 たいそう立派な値段をつけているが、実は私はメスの方が好きなのだ。 あんまり教えたくないけれど白子よりタラコのうまさに軍配をあげるからなのだ。 特にこれからの生食できる真たらの子は、 目から鱗、顔からほっぺがおちるほど格別なのである。 毎年いま時期になると真タラの子... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/03 13:49
正月の紅葉漬け。 
正月の紅葉漬け。  先日の飲み会で「鮭を刺身で食べてよいのか?」という話題になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/02 21:41
銀毛かブナか?新巻問題。
銀毛かブナか?新巻問題。 宮古では9月ぐらいから鮭がとれ始めるが、 その頃はまだ産卵まで至っていない若い銀毛が多い。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/24 02:07
アワビの冷凍保存、こうする。
アワビの冷凍保存、こうする。 かつてはアワビの口が開く(漁解禁)と、 浜どこに親戚が多いうちでは、 どこからともなく、あわびがやってきたりするものでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/23 01:12
史上最旨の塩辛。宮古のごっつお
史上最旨の塩辛。宮古のごっつお なんともすごいタイトルを付けてしまった。 しかしそれに見合う塩辛だと思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/22 01:38
アワビが来た。ぶっかけも来た。
アワビが来た。ぶっかけも来た。 今時期、漁師さんたちはアワビ漁を心待ちする。 極寒のなかでの激務は漁師さんに正月のほまず代をもたらすものだと聞いた。 しかし3月の未曾有の津波は人の命、家屋敷、 さらに養殖資源、船までも根こそぎ奪いさった。 そんな中、1回目の解禁があった。 津波の影響なのか漁はかなり少ない。 浜値は去年に比べ倍ぐらいだったとか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/21 01:37
オバケヒラメ 宮古のごっつお
オバケヒラメ 宮古のごっつお 直近のブログが11月末だから、 師走だなんだかんだと忙しぶって あっという間に3週間も経ってしまっていた。 おいおいあと11日で2011年も終わりじゃないか。 ブログさぼりは何やかやの後付け理由ではなく 時間の経つスピードについていけてない 自分なのかもしれない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/20 01:48
塩辛とパスタと。 宮古のごっつお
塩辛とパスタと。 宮古のごっつお 数年前、イカのふ(肝)を使ったパスタを真剣に追求したことがあった。 しばらく忘れていたが、先日、イカのスンナをいただいた際、 使わなかったイカのふに塩をして一晩熟成させ、 薄皮を外しフードプロセッサにかけてイカふソースにした。 とことんうまい身のはいっていない塩辛。刺身をからめて1日おけば絶品塩辛になるのだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/11/28 14:15
今日は、旨い塩辛をつくってみよう。
今日は、旨い塩辛をつくってみよう。 昨日、イカをスンナでいただいた。 スンナとは浜どこ言葉で自家用の収穫物のこと。 傷ついたり、珍しいものだったり、大漁だったり、 売り物になりにくいものがスンナとなる。 しかし船からのもろに産直なので鮮度は抜群。 友人にわけて持ち帰り、さあてどうしよう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/11/23 17:08
夜釣よ今夜もありがとう 宮古のごっつお
前回、浄土ヶ浜で大物アブラッコをしとめいい思いをした押しかけインストラクターは、 マリンハウスアブラッコトーナメント2011におけるけっして満足できない暫定1位を超えるべく、 また2匹目のドジョウ(アブラッコ)を狙って浄土ヶ浜へでかけた。 暗くなるまでアブラッコを、それからスイコ(クロソイ)を狙うという強欲な釣りである。 その欲たがりがたたったのか、どうーにもこーにも根がかり頻発。 腕は悪くないのだがなあ・・・(トホホホ)。 アブラッコは不調だったが、闇が深くなるとともに、私は、一気... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/11/05 20:40
浄土ヶ浜が釣れてる報告@ 宮古のごっつお
浄土ヶ浜は知る人ぞ知るボート釣りのメッカだ。 しかしその基点となるマリンハウスは、 この3月の津波で建物もボートもほとんどが流されてしまった。 震災から7ヶ月。被害は尋常ではなかったけれど、 マリンハウスの主、Mr.アブラッコの「動がねーば何も始まんねーべーが」との声のもと、 この7月からまず青の洞窟見学から営業を再開。 唯一の浄土ヶ浜観光として好評である。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/31 11:19
めんこいTVビンコレにぶっかけまんまを出したい。宮古のごっつお
今朝めんこいTVめざましテレビを観ていたら 全国のご飯の供発掘というコーナーが、、、。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/05 11:29
うまいっす。サンマの押し寿司 宮古のごっつお
宮古では、連日サンマがあがっています。 そろそろ食べたいなあ、と思っていたら 「サンマ、食うかあ」という電話。 今年4度目のサンマをいただきました。 もちろん魚屋さんにあるような 立派なサイズではありません。でも家で食べるには十分。 夜、焼く、煮る、刺身で食べ、残りはすべて酢で〆ました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/29 23:57
ヤマメは川の女王。ぶっかけまんまは海の・・・。
町場の友人Yから「お祭りだから、のんべすや、こお」と誘いの電話。 そして、「ヤマメがあったら持ってきて、、、よ。」 「おお、そっかそっか、わたしの釣りの腕が期待されているんだ。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/20 17:50
マカジキもうまい。ぶっかけまんまもうまい。
今時期、宮古の市場にはカジキが揚がる。 図体は大きいのにさんまに隠れて目立たない。 しかし口にすればこれぞ夏の刺身としっかり主張し、実にうまいのだ。 それにしても獲れているわりにあまり見かけないなあ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/17 01:17
アブラッコからうるめいわし。煮付けてぶっかけまんま
アブラッコさんという名前の友人からTEL。 A「いわす〜、く〜が〜」 私「くうくうくう」 A「ほんで〜ば、けっけ〜、こー」 宮古弁か行「く〜、け〜、こ〜」をフル活用し 円滑なコミュニケーションの後、もらいさいぐ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/15 10:37
宮古のごっつお・ぶっかけまんま、静かに売れてきました。
ぶっかけまんまは阿川佐和子さんの食のエッセイなくしては生まれませんでした。 いくらうまい魚の煮付けであろうが、その汁かけごはんにはまっていようが やっぱり文化人のメジャーな一言は強いのです。 びしびしと背中を押してくれるというか、 うん、個人的に阿川さんがタイプというのもあるかもしれませんが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/14 00:13
ぶっかけまんま、青の洞窟、新宮古名物
ぶっかけまんま 9月10日、お、きょうです。もう売っていますよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/10 09:58
「ぶっかけまんま」は、「宮古のごっつお」だった。
9月も9日目。久しぶりにカキーんと晴れたら暑いになんの。 といきなり数週間ぶりのブログですが 実はいい歳をこいて骨折をしていました。 右手首をぽっきり、早池峰登山の下りで、でした。 どーにかこーにか自力で下山したものの ソッコウ病院、緊急入院、全身麻酔、手術・・・いやはや ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/09 18:40
逃亡銀鮭を刺身で食べた。
あじ〜〜〜〜と感じながらカレンダーを見れば、もう8月半ば、お盆ももうすぐ、、。 魚介類の物価がお盆シフトになってきたなあと思いつつ店頭を見ると、 一時のイキオイはなくはなりましたが銀鮭が、まだ揚がっています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/11 12:23
買いに行くたびでかくなる。夏イカ。
宮古の夏イカが始まっています。でもまだ小さくやわらかい。 浜どこでは、この幼いイカをピーピーイカというようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/13 00:49
宮古沖、鯛、大漁。いまだけ?
再開した宮古の定置網(小本須久洞)で連日マダイが大漁づいている。 震災前まで小鯛(チダイ)はたくさんあがってもマダイはまれ。 それが・・・・。マダイがトン単位。大漁だから信じられないよう大衆値段なのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/06/13 10:55
山女の開き
4時30分起床。けさはウォーキングではない。 クルマで20分の川へ朝のおかずをいただきに。 町に近い川なのですれていてなかなか釣れないというけれど、 だんだん慣れてきて最近は2時間ほどでこれぐらい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/10 10:45
110429閉伊川河口の漁船たち その1
3月11日、津波で残った船の大半が閉伊川河口に集まっている。 その日、その時間、多くの船が被害に遭ったが 唯一、沖に向って守られた船たちである。 宮古の漁業は、ここから始まる・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/04/30 22:07
宮古の魚が食べたい。
朝、河口に刺網の船が戻ってきていた。 網を上げていたが市場におろした後なのか魚は見えず ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/13 18:11
発見、宮古のうまい魚@サンバソウ(イシダイ幼魚)
目鼻立ち、じゃない、白黒くっきり。一見熱帯魚のようなこの魚、 実は高級魚「イシダイ」の幼魚[サンバソウ]。 夏〜初冬にかけて浄土ヶ浜あたりでもよく釣れる。 ということはすぐ沖の定置網にもけっこう大量に入るのだ。 といって高級イシダイがばんばん獲れるかといえばほとんど揚がらない。 寒いのが苦手らしく、大きくなるにつれ暖かい海に行ってしまうようだ。 そういえば伊豆辺りには石鯛師と呼ばれる釣り人がけっこういる。 うまいうまいというが、かなり磯臭いとおもう。 大きくなると縞々が消えくろっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/03/09 13:44
自宅居酒屋@
・またらの麹漬け ・蕗の煮付け ・大根とにんじんのきっかげ漬け ・げその酢漬け ・げその塩辛 ・鶏ハム ・根昆布と椎茸の佃煮 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/02 01:49
ホッケなのに、目からうろこ。
ホッケである。 北海道のイメージがあるが、 どっこい三陸沖でもけっこう獲れるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/23 22:52
安い、うまい、ピンタラ、ボータラ。
マダラばかり書いて私にはまったく目もくれない、 とスケソウダラがきんずー(嫉妬)をしそうなので。 地元ならではスケソウダラの逸品を。 前浜で揚がったスケソウダラ、 小ぶりなので宮古の魚屋さんはピンタラと呼ぶ。 干物にすると、とてもおいしい 一般的にはホスタラ、またはボータラ。 都会では絶対に味わえない。 北海道にもあるけれどかなりカラカラに干す。 だから別物だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/16 18:06
マダラコ醤油漬けは地元限定?だった。
宮古で生まれ、いま宮古に住んでいるというのに、知らなかった。 ここ1ヶ月、そのあまりにもおいしさに、オドロキ、感動し、 3度にわたってあれやこれやと書いてきた あげく宮古マダラコ醤油漬け振興委員会をつくりたいなどと・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/16 00:50
2枚で500円。ナメタはナメタ。
ナメタガレイも、2月になると、 年末あたりの何なんだ、このやろう! なめんなよというお高い魚から、 よしよしこれくらいならOKという 一般魚になってくる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/13 23:15
1コインマダラに絶品白子が・・・。
マダラは、絶対にタラコがいいのだ。 白子は都会のお客様におまかせして わたしゃマダラコ醤油漬けを断固支持する、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/02/11 14:49
こーけっけーこー。.
ナマコは、その昔は「こ」という名前だったらしい。 干すと「干しこ」、生なら「生こ」だそうだ。 「こーけっけっこー」と電話があった。 「ナマコをあげるから来てね」という意味だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/03 01:33
マダラ(斑)模様と真鱈の関係。
いま宮古の魚屋さんは、どこもド派手なディスプレイになっている。 毛ガニの赤とマダラ模様。まるで大阪通天閣前のおかんのファッションのようだ。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/28 16:07
手造りオイルサーデンでチャーハンを。
何ヶ月か前、ヨゴダで1つ鰯をいただきあれこれと保存食をつくった。 その中でいまもちょこちょこ出してはお酒のあてに楽しんでいるのが ノルウェイ「キングオスカー」に挑んだ「オイルサーデン」。 http://occonac5345.at.webry.info/201012/article_1.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/23 00:36
マグロに出世したマンボウ。
Q 骨の写真から何の魚か推察せよ? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/19 17:12
キングギドラも食った。ジャバザハットも食った。うまかった。
おととい採りあげたハッカクは怪獣キングギドラに似ていた。そっくりだ。 で、今日はジャバザハットを食う。これでピンと来た人は、スターウォーズ通であろう。 悪役ながらなんとも憎めない人気キャラなのだ。 彼を見てカジカ(みやこでは「かつか」)を連想してしまうのは私だけでないはずだ。 知らない人はぜひ見比べてほしい。マツコデラックスというのもありか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/17 22:30
キングギドラは、うまかった。
ハッカクという、あんまり宮古では見かけない魚を見つけた。 その昔、仕事で北海道に行ったとき居酒屋でたべたことがある。 北の地ではおなじみの刺身ダネらしいが、 三陸宮古ではあまり好んで食べられないのだろう。 お店の片隅で地味にしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/16 20:33
新巻を、どう切るか?問題。
あなたの家では新巻鮭を、どう切るか? どう切ったっていいと思うあなたは、どうでもいいです。 輪切りにするか、3枚におろすか。新巻の切り方に訳があるのか、何人かに伺った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/12 13:20
真たらの子醤油漬けに、はまる。
鮭が終わったと思ったら、寒の真タラ。 宮古のタラはうまい、まちがいなくうますぎる。 寒タラといえば、身はさておき白子?宮古でもキクといって珍重されているが、 はたして白子白子とさわぐほどうまいかなあ? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/01/10 21:18
どんこのきも叩き。
ドンコのイメージは明らかの変わった、とおもう。 昔に比べ一目置かれる魚になっているのだ。 かつてドンコの身分はけっして高くなかった。 スタイルも顔も決してよくない。 ぬめぬめしていていつも口からなんか出して実にみっともない。 しかもそこらへんでなんぼでも獲れるので安い。 水っぽく足が早いので、ドンコ汁か煮付け、 おいしいといってもけっしてハレの食材にはならなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/09 02:20
鯵150円と塩と酢と。
ウルトラ級の低気圧が去り、海はひとまず落ち着いた、 と思っていたら、やっぱりどうにかなっているようだ。 さんまも鮭もどっかにに行った。 一年のうちで最も寒い小寒だというのに夏が旬の小アジが 定置網に大量に入っているという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/07 01:36
雪化粧のラサの煙突。
悪夢のような天変地異が去り、今日はおだやか。 カメラを携え初参り、正月の八幡山あたりを歩いていました。 一中の土手に抜け閉伊川からラサの煙突を見上げたら、 なんと雪化粧している。ライトアップではなくスノーアップ。 白い煙突なのです。 とても珍しいそうで堤防で何人もの人が写真を撮っていました。 聞くところによると湿った雪が強い風で煙突に吹き付けられ、 ある一定の気温にならないと雪がはり付かないとのこと。 条件がそろわないとこう言う風にはならないようです。 煙突のいちばん上まで雪化... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/01/03 01:24
はも、始め。
あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/02 01:29
うまい牡蠣フライを、ぱくる。
料理のレシピには著作権がない。 だからなんだ、料理研究家とか、愛好家とか、 家付きの方々がテレビやネットでいかにも私が作ったもんね、と 我が物顔で発表している。いや家が付かなくたって ブログとかで誰でもできる時代なのだ。あ、おれのことだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/28 23:20
宮古前御殿山さば、寿司になる
宮古前御殿山さばネタは、まだ続くのだ。 なぜって、ほんとうにうまいからだよ。 年末だ、市場には、なめた、きんきん、かに、ウニ、マグロ、ひらめ・・・ 正月御用達高級素材ご一行さまが並び始めた。、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/25 20:52
宮古前御殿山さばの旨さ報告2
ゴマサバのメジャーブランドとして土佐清水港「清水さば」というのがある。 土佐の豊かな海で育ったもので体が盛り上がるほど脂がのり身もぱつんぱつん。 マルサバとも呼ばれるという。それを釣り漁法で水揚げ、首折という独特の活〆で鮮度を保つ。 それをカツオと同様にたたきで食べるのだそうだ。そっか、ふむふむ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/23 23:49
宮古前御殿山さば?浄土ヶさば?の旨い刺身
サバといえば、スーパーではノルウェイ辺りの紅毛碧眼さばがわが物顔しているけれど、 デパートなどでは関サバ、松輪サバ、金華サバなど、 なんだかんだと能書きを付けブランド化したタレントサバが、のサバっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/23 11:28
どん、ください。
濃い宮古弁では固有名詞の語尾に「こ」を付けて言います。 「酒こをけどがん」=「お酒をください」 「つまみっこはなんだーえ」=「おつまみは何ですか」 都会から転勤してきたセレブ婦人は、これがたいそう不思議で 宮古の人は名前の下にすべて「こ」を付けると思ったらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/22 02:05
地味美味・・・・アカザラガイ
div align="center"> アカザラガイ 赤皿貝という。 最近、ちらほら魚屋さんの店頭で見かけるようになった地産の貝である。 牡蠣の養殖棚に自然にくっついてくるそうで そのほとんどが漁師さんの自家用(スンナ)とされていたものだ。 食べるととてもおいしいのだが、ビジュアル的にいまいちで 漁も安定しないので値段がつかなかったのだ。 いまでも驚くほど安い。 山田でアカザラガイのオイル漬けが商品化されたと新聞で読んだ。 「山田の赤ちゃん」という。う〜ん、、、売れればいいけど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/18 19:29
たらのフォアグラ、たらグラ。
鱈もやる。やるときはやる。 今日の主役は冬のいまをときめく真だらではなく、 地味でとてもリーズナブルなスケソウ。 そのけっこう大きいのをスンナ(自家用)でいただいた。 さっきトロール(底曳き)で揚がったばっかだという。 身体は傷ついているけれど鮮度は たったいま海から来たキトキトレベル。 身は鱈鍋に使う。これはほっくほく旨いに決まっている。 目の前にはさっきまで生きていた肝がある。 さあてどうしよう?これも旨いはずだ。 1年ほど前、あれこれ時間と手間をかけて ディップをつく... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/08 20:36
冬。干物づくりがマイブームなのだ。
「まさご、くーが〜。みば〜、わりーども、うんめーがー」 浜どこの友人から「食う食う」と欲たがりをしていただいた イワシがなんとよごだ(魚かご)で1つ。 売るぐらいあるではないか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/29 23:19
いわす、くーが〜。
浜どこの友人から携帯が鳴る・・その2 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/24 21:39
干物2 焼いたら溶ける魚
あぶらかれい。またの名をとけがれいともいう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/23 02:09
魚・空っ風・塩、絶品干物。
さんぶぐなったがね・・・ という朝の挨拶が交わされるこの季節。 トロール、定置網、かご漁、釣り・・・ 宮古の海はたくさんのうまいものをもたらしてくれる。 魚屋の店頭に並ぶ冬の獲れたての魚介はどれもこれもたまらない。 刺身はもちろんだけど、さんざん書いているので今回注目してみたいのが干物だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/17 23:59
鮭の、アラフリ、パラツナ?
木枯らしが吹くころ、鮭を丸ごと買ってきて ハラコを取り、新巻にしたり、切り身に塩をしたり冬に備える。 普段は台所に立たない父だったが、鮭に関してはなぜか主役になった。 鮭=力仕事だからだったのだろうか。 鮭作業のあった夜のおつゆは鮭のあらの三平汁だった。 野菜がたっぷり入ってなかなかうまい。 鮭のあらの定番料理だろう。 しかし味が飽きる、、、。 家人は生ぐさいと口にしない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/17 01:15
ハラコはイクラ?
。 ハラコはイクラ?と聞かれると宮古のほとんどの人は「そーですよ」と答える。 「今日は、ひと腹約800円ですね」などとは誰も言わない。 ハラコは宮古弁(三陸かな)、イクラはロシア語、 икра イクラー;ikraでサケの卵のこと。 正確には、魚卵=小さくて粒々したもの、という意味だそうだ。 だから膜に包んだまま塩をした筋子はイクラ=икраではない。 宮古人にとって鮭の卵はハラコで、イクラではないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/16 01:02
十一月十一日は鮭の日、きのうだった。
時間が経つのが早すぎる。あまりにも早すぎる。 早起きなのに、あっという間に夜になる。 歳を1つ重ねるごとにそれが顕著だ。 学生のころは時間をもてあまし寝てばかりいたのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/14 00:11
入れ歯でOKのアワビごはん
おととい、私的輝くアワビ料理ベスト1として 入れ歯でもおいしく食べられるアワビのやわらか煮を紹介した。 85歳の母にアワビを食べさせたい・・・自分で言ったら美談にもならないが(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/11/11 11:51
アワビを刺身以外に、どう愉しむか?その1塩辛
きのうはここで上記Qをごっつお仲間にぶつけてみた。 宮古人はオーセンチックが多いから、 刺身がいづばんだーでばー、 というぜったい刺身派60%以上なのだ。 確かにそれも認める。 でも私はやわらか煮(料亭風・・・行ったことはないが)が最高だと思う、 ときのうは書いたのだが・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/10 10:35
アワビが開いた。おとといだけど。
マツタケを一生分たべて、大満足をしていたら いつの間には山は色づく、一気に寒くなる・・・。 宮古の四季の駆け足の移ろいに心身がついていけず縮こまっていた(うそ)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/09 13:56
すいすい、すーだらだった 黒そいにはまる
黒そい、宮古ではスイコ、すい。この釣がめっぽうおもしろい。 自分が持っていた磯釣の道具をそのまま使えるし、 えさは違えど釣法が近いのだ。最近は週2のペース。はまっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/03 11:00
サンマ船から、サンマをもらった。
なあどから市場までつり風景やらサンマ船の写真を撮っていた。 紋別のサンマ船が入っていて、 一服していた漁師さんにはなしを聞いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/27 11:37
サーモンって何だ?
宮古はサーモンランドと呼ばれている(呼ばれていた)。 でも「宮古は、サーモンではなく鮭ですよね」と突っ込めるような気もする。 単に鮭を英語にすればサーモンだからでは済まないような気がするからだ。 じゃ、鮭とサーモンの違いって何だ?といわれても「なんとなく的な知識」しかない。 北海道や三陸で揚がるのが鮭。チリやノルウェーもんっだったり、 スモークになっていたり、回転寿司でくるくるしているのがサーモンなのではないか? で、ちょいと調べてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/09/22 14:35
サンマが来た!初水揚げ。
魚市場7時、北海道の大型サンマ船が横付けしていた。 今年初めての水揚げ20トンだそうだ。 海水温が以上に高く漁場が遠くなって 漁がない状況が続いていたが 少しづつ獲れ始めたとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/08/26 12:23
マカ?メカ?わかった人は魚通。
マカジキとメカジキといえば、 くちばしが槍の先のように尖った巨大魚。 松方弘樹が釣ったの、日本一だの、 海の巨大魚に挑むとか、 そっち系では定番人気のタレント魚だ。 世界中で広く見られる肉食魚で温かい海を 獲物を求め疾走しているのだそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/23 19:51
いま〆さばを食べないでいつ食べる?
三陸宮古に、サバが大挙襲来している。 歳のころは30代、熟サバ? 食えばわかる。サバを読んではいけない、すぐばれる。 サバを読むとは、数や歳をごまかすことのたとえ。 サバはたくさん獲れるので魚屋がろくに数えず、 もってけ泥棒などと数をはしょり、 ごまかして売りさばいたのが起こりらしい。 ついでに、 サバは春から夏にかけて脂はなく うまくないばかりか体内に毒を持っているそうだ。 産卵期にあたる大切な時期、外的から身を守るために 一時的に体から毒を出すのだそうだ。 サバを食べて... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/30 01:19
真夏の真鱈
10年7月某日、梅雨が開けたら宮古も一気に暑い。 いやになるほど暑いんでないかい・・・とか宮古弁もぼけてくるほど暑い。 底引き網(トロール)も休漁となり、魚も変わるかなあと見ていたら どっこいあんまり変わらないではないか。 刺網だの延縄だの底の魚もそこそこ獲れている。 真鱈やどんこだ。冬の魚と思われているようだが ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/24 11:54
小女子が大人になって女郎人。
宮古の魚屋や魚菜市場で見かけるけれど、 何だろうと思ってしまう魚に出会うことがある。 一見シシャモやサヨリ似のメロードという魚もそのひとつだ。 カタカナネーミングでなんとも外来種っぽく怪しい。 調べてみたらちゃんと三陸の魚だった。 3月、三陸の海ではオキアミに似たイサダが春を告げる。 ちょうどその頃コオナゴもたくさん獲れるが・・・ メロードはコオナゴの成魚(古背・ふるせともいう)のことだった。 漢字で書くと小女子(コオナゴ)、女郎人(メロード)。 意味深でなんとも哀感をともなう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/21 02:22
サメを食うか。
という電話があったので食う食う食うといただきに行った。 宮古で「サメの身」といえばマンボウのこと。 てっきりそう思っていた私の目の前にあったのはなんとジョーズだ。 いやサイズ的には、かなり小さいのだが確かにジョーズだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/17 00:31
ぶすでもうまい、ぼやぶす 「ボヤブシ」
つゆが明け暑くなるころ、きゅうりの塩もみとぼやぶすの酢の物はなんとも旨い。 ぼやぶす?って、なまってんじゃないの?はい、なまっています。 「ぼやぶす」の正しい名称は「ナマリブシ」であるのだ。 だから宮古のみなさん堂々となまって「ぼやぶす」・・・・。 なんともおもしろくないおちだなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/07/13 11:32
宮古のハモはアナゴだった。
ハモといえば関西では夏の味覚。その味は実に繊細で上品。 加茂川べりで大文字焼きを眺めながらよくたべたものだった。 「落とし(牡丹ハモ)は、もうたまりまへんな。 このおいしさは関東人にはわかりまへんでっしゃろ」とかいうのだろうか。 とにかくハモなのに人気はうなぎ登りなのだ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/09 01:07
タコを食べる日。半夏生「はんげしょう」
半夏生「はんげしょう」です。もともとは夏至から数えて11日目の日らしい。 現在では、天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日という定義だというが そういわれても「黄経100度の点」がなんだかわからない。 ともかく毎年7月2日頃なのだ。この日は天から毒気が降ると言われ、 みんな非難しなければならない。どこへ? 井戸には蓋をして、採った野菜は食べてはいけない・・・海にも・・・NGもやたら多い。 一方、「梅雨明け」を示す指標の一つであり、 また植えられた稲の苗がよく根付くようにとタ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/07 17:01
まさごでアンチョビ。
まさごいわしが好きだ。 刺身よし、つみれよし、煮てよし。 どうやってもとにかく旨い、しかも超安い。 いまどき一山25尾150円。 ただ面倒くさい。足が速い。100mを9秒台で腐る。 魚屋さんもそう思ってたくさん獲れているのに 売るのが追いつかない。 ほれ、だから 目刺とかホウ刺しとか煮干にされてしまうのだよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/06 16:08
宮古ウニ口開け
ウニ口開けといってもウニが口をぽか〜んとあけているわけではない。 口開けとは(1)封を切ること (2)物事の初め最初 (3)山や漁場の解禁(4)狂言方の台詞で一曲を始めるもの 方言かと思っていたら結構、由緒ある言葉だったのだ。 「今日、宮古はカゼの口が開いだ」今年初めてだ。 カゼはウニ。これは方言。 知り合いの漁師さんいわく「雨降ったからなぁ・・・・・いっつぇ 水が けえねえ」 「昨日、集中的に雨が降り、水が悪かった」そうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/22 03:07
大漁「すけそうだら」は、なぜか魚屋にない。
すけそうだらが連日獲れ続けている。 しかし宮古の魚屋さんではまったくと言っていいほど見ない。 かろうじて干物としてぼーたら、ぴんたらがあるぐらい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/18 12:52
タコで〜す・・。
タコで〜す・・。といっても年配にしかわからないギャグ。いまどき通じないですね。 置いておいて ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/06/07 23:44

トップへ | みんなの「宮古の魚」ブログ

酒場 宮古のごっつお  宮古の魚のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる