刺身あわびか、煮あわびか。

画像

三陸宮古の荒海で育ったあわび。
真崎や重茂のブランド物のわかめや昆布を鱈腹食べた
贅沢なあわびをどうやって食すか。
せっかく獲れたてのピチピチあわびだから刺身がいちばん、、、だろうか?
コリコリして、味わいがあって、確かにうまいのだ・・・。
秦の始皇帝の不老長寿の妙薬があわびであったとか、
楊貴妃も美容のために食べていたとか、、
伝説諸説あれこれあるようだが。
個人的には火を通す方に軍配が上がるのだ。
ちゃんと作った柔らか煮は旨みが濃く、
その存在に高級品という風格すら漂うのだ。

つくり方はこうだ。
・あわびを貝からはずしきれいに洗って口と肝(としる)、紐を取る。
画像

・酒と水を半々ぐらいで沸かしゆっくりと火を通す。
・20分ほど煮たら昆布、みりん、醤油をいれて、じっくり煮含める。
 ついでに肝(としる)と紐もいれてしまおう。
・汁がなくなってきたら火を止め一晩置く。

後は切って食べるだけ。
画像

ほんとうに売れるほどうまい。
おもわずどこでっ買ったの?と聞きたくなるだろう。
身も高貴な味わいだが、肝は絶品である。
刺身もいいが、煮あわび、ぜひお試しを。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック