酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS アワビが開いた。おとといだけど。

<<   作成日時 : 2010/11/09 13:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

マツタケを一生分たべて、大満足をしていたら
いつの間には山は色づく、一気に寒くなる・・・。
宮古の四季の駆け足の移ろいに心身がついていけず縮こまっていた(うそ)。

「あわびが開いだっけ、いまからもってぐっけ・・・」と、浜どこのA友人。
画像

えっ、もうあわび?
そっか、もう11月か。1週間も過ぎているけど。
アワビねたでブログにアップしようと更新履歴を見たら・・・
ありゃま、、、サボりはじめると、くせになってしまうもんな。

よし!アワビをがっつらいただいたことだし、
海にも山にもくいもんねたは山ほどある。
またきょうから、宮古のごっつお日記的にやってみよう。

で、アワビである。
入札では去年に比べ2〜3割高いらしいが、
みなさんは、そんな高価食材をどう食べているのか?100人に聞きました。
A やっぱ刺身でしょう。
B 甘そっぱい煮付けがいいがね
C ステーキが最高だべ
D しゃぶしゃぶもいいですっけ
画像

ちなみに私の最高アワビは、薄味仕立てのやわらか煮である
香りをそのままに85歳のうちのばあちゃんが入れ歯で食べられるやわらかさに煮る。
(なぜか山梨ではアワビの煮貝が名物になっている。)

確かに、こりこりしたアワビの刺身はうまいと思う。
しかし贅沢に満足できる料理はやわらか煮に限る。
絶対に料亭の味だもの。
画像

貝は表面だけサッと火を通すとうまくなるというが、それは正しいと思う。
ほたて、ほっき、あわび・・・は、ミディアムレアがいい。だからしゃぶしゃぶもうまいのだ

やわらか煮のつくり方は簡単
酒・薄口醤油・昆布で、超弱火で2〜3時間ことこととゆっくり煮るだけで、
アワビの持ち味を活きる上品な味わいの一品になる。
行ったことがないけれど、断固、料亭の味なのだ。
画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アワビが開いた。おとといだけど。 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる