酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS 激辛・極辛・獄辛・南蛮味噌はくせになる。

<<   作成日時 : 2010/12/11 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

産直のお店が全国的にブームになっているようだ。
少し前までは道の駅が中心だったがいまでは街中でも見られる。
八幡さまの裏、パイパス沿いにできた産直市場を眺めていたら
冬に備えてカプサイチンエネルギーをこれでもかと
ため込んだような赤や緑の南蛮が大量に売っていた。
夏のころは南蛮味噌できゅうりやら大根やらセロリやらを
ばりぼり食べていたのだが、そろそろなくなる。

そうだ!この最後の南蛮を使って
・・。
材料は産直で仕入れてきた赤青の南蛮。
味噌、酒、ザラメ、ごま油、炒りゴマ、、、。

前回、青南蛮を手で切っていて散々なめにあった。
カプサイチンが鼻にのどに来るだけではない。
切っていた手で目をかいてしまったから大変。
痛いどころの騒ぎではない。目の周りが真っ赤に腫れあがってしまった。
トイレなどに行ったらそれこそ料理どころではなくなる。
拷問にいいかもしれないなあ・・・。
用足しをするには手を念入りに洗って行くこと(特に男です)。
画像

今回は流行の南蛮味噌だ。
大量の南蛮で2度と痛い目にあいたくないのでフードプロセッサを使う。
前回の3倍量、25本の南蛮の刻み方を10秒で終了。
キッチンにカプサイチンが一気に充満、くしゃみがとまらなかった。
画像

フライパンに刻んだ南蛮を入れ、少量のサラダ油でさっと炒める。
日本酒を入れ南蛮となじませたらザラメ(けっこうたくさん)を投入。
トロ火で10分ほどかき混ぜ火を止めて冷ましてごま油といりゴマを加えて完成。
画像

3倍量の激辛・極辛・獄辛・南蛮味噌、これは強力である。
甘くしょっぱい郷愁の味にいきなりがつ〜んと激辛がやってくる。
一瞬油断をさせておいて頭の奥を直撃させる極辛・獄辛の旨みだ。
痛いほど辛いがくせになる。
冬の甘い大根やにんじん、生ブロッコリーにいい。とにかくビールを旨くする。
卵かけご飯=TKGにもいい仕事をする。
うん、南蛮味噌はまさにおかずいらずの逸品なのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
激辛・極辛・獄辛・南蛮味噌はくせになる。 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる