酒場 宮古のごっつお 

アクセスカウンタ

zoom RSS ぶっかけまんま、青の洞窟、新宮古名物

<<   作成日時 : 2011/09/10 09:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

ぶっかけまんま
9月10日、お、きょうです。もう売っていますよ。
画像

阿川佐和子さんの食のエッセイの1つのエピソードが誕生のきっかけ。
阿川さんはおいしい魚の煮つけのつゆにこだわりがあった。
最高の魚の旨味そのもので、甘さしょっぱさがなんともたまらない。
誰にも気兼ねせずつゆかけごはんを思い切り食べてみたい…。

おんなじことをおもっている。私は目からうろこがでました。
私の楽しみは煮付けを食べた次の日、
冷えて煮こごりになったつゆを熱々ご飯にぶっかけ、わしわし食べること。ほんとうに旨いです。
そんな私と地の魚を利用し名物をつくろうと燃える島香氏の邂逅が1月。
ぶっかけまんまの開発コンセプトは「煮魚のつゆはうまいよね」という単純発想なのです。

そこから7ヶ月。3.11を乗り越え、やっとこさ発売の今日をむかえました。

そんな矢先、ネットで見たよと、浄土ヶ浜マリンのアブラッコさんからTEL。
画像
「おらんどごでも、売らせでけろう」
いや〜うれしかったです。マリンの被災は半端ではありませんでした。
それでもその逆境をばねに宮古の誇る浄土ヶ浜で観光の最前線に立ってがんばっています。
あの日、人間に牙を剥いた自然は、
いまはよりおだやかに前と変わらない美しい景観をとりもどしています。
「青の洞窟」は、3年前からの浄土ヶ浜の新しい名物です。
まったくの0から始めた観光資源でその美しさは入った人だけがわかる。
着実にお客さんを増やしてきました。
津波は一時、水を差しましたが、マリンは復活しました。そしていまがみどころです。
画像

ぶっかけまんまは、一口食べて「何だ、、魚の煮つけだよね。」といわれるかも。
ただし「とびきりうまい魚の煮つけ」です。その旨味たっぷりのつゆに
具として旨い魚がたっぷりはいっています。
宮古にあがった旬の魚と日本中から選びに選んだ調味料だけ。
保存を促すわけのわからないカタカナ用語や化学記号的な怪しいものはいっさいはいっていません。
無添加無着色のまさしく自然食です。
キャッチコピーの「懐かしいのになんだか新しい宮古の味」とは、このことなのです。

魚菜市場の復興交流物産店「絆」、坂兼商店、市内山口の山内魚店、
浄土ヶ浜マリンハウスで買えます。

※ウェブ産直ショップ「宮古のごっつお」は被災で休店中。年内の再開を目指し工事中です。
■ここからもご注文できます  電話ください
ぶっかけまんま カレイ     500円(税込)
ぶっかけまんま カレイ 辛っ  500円(税込)
ぶっかけまんま アナゴ 辛っ  600円(税込)
化粧入り3点セット       1680円(税込)
送料  クロネコクール冷凍扱い 980円
画像


■ご注文・お問合せは
宮古のごっつお 0193-62-3399  090-7846-6952まで
      

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぶっかけまんま、青の洞窟、新宮古名物 酒場 宮古のごっつお /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる