アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「宮古名物」のブログ記事

みんなの「宮古名物」ブログ

タイトル 日 時
ドレッシングという名の幻のパン。
ドレッシングという名の幻のパン。 フェースブックをやり始めたら、ついついどっぷりはまってしまい、 ついブログの方がおろそかになってしまった。 ていうか宮古のごっつおに書きたいことがなかなかないのである。といっておこう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/09 10:03
幻のまつぼ、糸松藻。
幻のまつぼ、糸松藻。 春の海は水温も下がり魚がめっきり減ります。 三寒四温の中、がぜんおいしくなるのが海藻類。 なかでも「生まつも」は三陸に春を運んでくるおいしい海藻です。 おみやげ用で売られているパッケージには「まつも」とありますが、 宮古では「まづぼ」と呼びます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/22 22:55
宮古のタコは、しみじみうまい。
宮古のタコは、しみじみうまい。 宮古はタコが年間安定して揚がる三陸有数の港である。 タコの浜という名前も、なんらかの由来があるのだろう。 ともかく宮古の隠れ名物、タコなのだ。 それにしても明石のように「タコのまち」というような名産感がまるでない。 これまでそういうPRしてこなかったからなのか、 それともあんまり食べる習慣がないからなのか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/05 01:53
「ぶっかけまんま」コマーシャルの力は、商品の力。
「ぶっかけまんま」コマーシャルの力は、商品の力。 懐かしいのになんだか新しい、宮古の味。 大好評「ぶっかけまんま」のコマーシャルが、 きのうからあちらこちらでUPされています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/01 11:39
「ぶっかけまんま」のコマーシャル
「ぶっかけまんま」のコマーシャル 懐かしいのになんだか新しい、宮古の味。 大好評「ぶっかけまんま」のコマーシャルができました。 http://youtu.be/Us1wut5iTpY ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/01 01:06
宮古の華麗なる一族4 ぞうりがれい。
宮古の華麗なる一族4 ぞうりがれい。 ぞうりがれいだもんなあ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/13 01:01
生まれて此の方、食べたことがなかった。セイダガレイ
生まれて此の方、食べたことがなかった。セイダガレイ 呑み助&通好みの、せいだガレイ 宮古の大先輩から「真冬の宮古のうんまいもののトドメはこれだ」 と一押しされたのが「セイダガレイのひもの」だ。 実は私、見たことはあったが、生まれて此の方食べたことがなかった。 そっか、うまいのか? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/08 23:21
 宮古の寒タラはメスがおすすめ。
 宮古の寒タラはメスがおすすめ。 寒の真タラ。三陸宮古のタラはうまい、まちがいなくうまい。 寒タラといえば、身はさておき白子?宮古でもキクといって珍重されている。 世の中が白子だ白子だとさわぐので、 白子の入ったオスが店頭ではやたらえらそーにしていて、 たいそう立派な値段をつけているが、実は私はメスの方が好きなのだ。 あんまり教えたくないけれど白子よりタラコのうまさに軍配をあげるからなのだ。 特にこれからの生食できる真たらの子は、 目から鱗、顔からほっぺがおちるほど格別なのである。 毎年いま時期になると真タラの子... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/03 13:49
正月の紅葉漬け。 
正月の紅葉漬け。  先日の飲み会で「鮭を刺身で食べてよいのか?」という話題になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/02 21:41
津波に耐えたくるみは、濃いくるみ味がした。宮古のごっつお
津波に耐えたくるみは、濃いくるみ味がした。宮古のごっつお あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/01 18:23
銀毛かブナか?新巻問題。
銀毛かブナか?新巻問題。 宮古では9月ぐらいから鮭がとれ始めるが、 その頃はまだ産卵まで至っていない若い銀毛が多い。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/24 02:07
伝説の高七ナポリタン復活? 宮古のごっつお
伝説の高七ナポリタン復活? 宮古のごっつお いやはや・・・最終更新から20日。 渓流釣が終わり海釣を解禁。 そっち方面にあっつくなって、 静かに人気のぶっかけまんまをがんばって 更新がなおざりになってしまいました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/25 11:14
めんこいTVビンコレにぶっかけまんまを出したい。宮古のごっつお
めんこいTVビンコレにぶっかけまんまを出したい。宮古のごっつお 今朝めんこいTVめざましテレビを観ていたら 全国のご飯の供発掘というコーナーが、、、。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/05 11:29
激辛!ハバネロ味噌。汗だくの宮古のごっつお
激辛!ハバネロ味噌。汗だくの宮古のごっつお 今の季節、宮古周辺の道の駅や産直館には 山の味の定番として唐辛子味噌が並びます。 甘い味噌の味わいにピリッとした青唐辛子の辛味。 素朴なおいしさでなんとも食欲をそそります。 昨年は庭で唐辛子が大量に収穫できましたが今年は赤いの20本ほど。 今年も唐辛子味噌を食べたいなあとおもって 何気になあど産直をのぞいたら、 なんと、あの、世界一の激辛といわれる、ハバネロがあるではないか。 それが新参のくせに青唐辛子の横に居座り 「世界一の辛さに逃げんなよ」的な顔でこっちを見ている。 まじ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/30 23:25
ワケあり稲庭うどん。宮古のごっつお
ワケあり稲庭うどん。宮古のごっつお これ大根やいもの千切りではありません。 干しうどんです。 それも香川の讃岐うどん、群馬の水沢うどんと並ぶ 日本の三大うどんブランド (だれが決めたか知りませんが)のひとつ、 輝く稲庭うどんなのです。 ただ切り落としというか、端っぱしというか、 細切れというか、ワケありなのです・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/27 16:34
アブラッコからうるめいわし。煮付けてぶっかけまんま
アブラッコからうるめいわし。煮付けてぶっかけまんま アブラッコさんという名前の友人からTEL。 A「いわす〜、く〜が〜」 私「くうくうくう」 A「ほんで〜ば、けっけ〜、こー」 宮古弁か行「く〜、け〜、こ〜」をフル活用し 円滑なコミュニケーションの後、もらいさいぐ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/15 10:37
宮古のごっつお・ぶっかけまんま、静かに売れてきました。
宮古のごっつお・ぶっかけまんま、静かに売れてきました。 ぶっかけまんまは阿川佐和子さんの食のエッセイなくしては生まれませんでした。 いくらうまい魚の煮付けであろうが、その汁かけごはんにはまっていようが やっぱり文化人のメジャーな一言は強いのです。 びしびしと背中を押してくれるというか、 うん、個人的に阿川さんがタイプというのもあるかもしれませんが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/14 00:13
ぶっかけまんま、青の洞窟、新宮古名物
ぶっかけまんま、青の洞窟、新宮古名物 ぶっかけまんま 9月10日、お、きょうです。もう売っていますよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/10 09:58
発見、宮古のうまい魚@サンバソウ(イシダイ幼魚)
発見、宮古のうまい魚@サンバソウ(イシダイ幼魚) 目鼻立ち、じゃない、白黒くっきり。一見熱帯魚のようなこの魚、 実は高級魚「イシダイ」の幼魚[サンバソウ]。 夏〜初冬にかけて浄土ヶ浜あたりでもよく釣れる。 ということはすぐ沖の定置網にもけっこう大量に入るのだ。 といって高級イシダイがばんばん獲れるかといえばほとんど揚がらない。 寒いのが苦手らしく、大きくなるにつれ暖かい海に行ってしまうようだ。 そういえば伊豆辺りには石鯛師と呼ばれる釣り人がけっこういる。 うまいうまいというが、かなり磯臭いとおもう。 大きくなると縞々が消えくろっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/03/09 13:44
ホッケなのに、目からうろこ。
ホッケなのに、目からうろこ。 ホッケである。 北海道のイメージがあるが、 どっこい三陸沖でもけっこう獲れるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/23 22:52
ほっつぁれ新巻VS村上極上[鮭の酒びたし]
ほっつぁれ新巻VS村上極上[鮭の酒びたし] 新潟の鮭の街、村上の老舗の極上[鮭の酒びたし] というのをいただいた。見るからに高そうだ。 楽天でみたら30gで630円。半身姿造りはなんと5,250円 1尾だと10,500円だそうだ。 鮭の酒びたし、の能書きにはこうある。 原料は鮭(国産。宮古産もあるかも)と塩。 丁寧に洗って塩を施し、塩抜きをして、 気温が低く風も強い村上特有の気候風土で 約半年間日陰干し、じっくりと熟成させる伝統の味。 5.2kgの鮭が製品になるとわずか750g。 独特の風味と凝縮された旨味は別格なのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/20 16:24
究極のTKG。牡蠣(かき)をぎゅっとしぼった調味液
究極のTKG。牡蠣(かき)をぎゅっとしぼった調味液 半年ぐらい前、このごっつおブログで 究極のTKG(卵かけごはん)をとりあげた。 そのとき紹介した究極のもとは その後あ〜だこ〜だと試行錯誤を重ね ボトルやネーミングも変えて静かに売っていたのだが この1月に開かれた県水産加工品コンクールで、最高賞に次ぐ水産庁長官賞を受賞した。 http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110204_8 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/05 12:15
千両男山酒粕
千両男山酒粕 84歳の母はお酒がまったく飲めない。 しかし酒粕には目がない・・・。 いまの季節、まちのスーパーには いろいろなメーカーの酒粕が並ぶが 母が撰ぶのは宮古の地酒千両男山のもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/02/12 00:16

トップへ | みんなの「宮古名物」ブログ

酒場 宮古のごっつお  宮古名物のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる